Skip to main content

トップエンドの夏 7日間の旅行日程

トップエンドの夏は、滝が豊富な水をたたえ、緑が最も豊かで、野生生物にあふれ、夕日が紫色に染まり、上空では壮大な雷のショーが繰り広げられます。

11月から4月にかけて熱帯地方の夏を存分に楽しめる、ダーウィン、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)、カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)の見どころとアクティビティを網羅した7日間の旅行日程をご覧ください。

Day 1

街の探検家になる

ダーウィン市にある人気のカフェのコーヒーと朝食で1日をスタートしましょう。ダーウィンの活気ある通りを散策し、壮大なストリートアートに没頭してみましょう。毎年恒例のダーウィン・ストリート・アート・フェスティバル(Darwin Street Art Festival)の一環として、地元の有名アーティストが描いた壁画があります。アプリをダウンロードすると、一部のアーティストと交流することもできます。

アートに浸る

今日は、地元のアボリジナルアートシーンに浸りましょう。ダーウィン周辺のアートギャラリーは、アボリジナル・アートやこの地域のアーティストたちと触れ合うのに最適な場所です。ダーウィンのビジネス中心地区を散策し、ムバントゥア・ファイン・アート・ギャラリー(Mbantua Fine Art Gallery)メイソン・ギャラリー(Mason Gallery)など、名高いギャラリーを訪ねましょう。また、パラップ(Parap)の ノーザン・センター・フォー・コンテンポラリー・アート(Northern Centre for Contemporary Art)に行けば、ノーザンテリトリーの幅広いアートを鑑賞できます。

午後はプールサイドでリラックス

ミンディル・ビーチ・カジノ・リゾート(Mindil Beach Casino Resort)のラグーンプールで午後のひとときを。プールの「スイムアップ」バーでは、カクテルを片手にアラフラ海の景観を楽しめます。リゾートスタイルの最高のリラクゼーションを。

ダーウィン・スキー・クラブ(Darwin Ski Club)でビールを飲みながらサンセットを楽しむ

ダーウィン・スキー・クラブ(Darwin Ski Club)は、ダーウィンでの初日を終えるのに最適な場所です。きりりと冷えたドリンク、ビストロの軽食やボリューム満点の食事を注文し、ファニー湾の夕日を堪能しましょう。海を望むスキークラブ専用のプールで、ゆっくりとおくつろぎください。熱帯地方の気まぐれな夏の空が、ショーを繰り広げてくれるかもしれません。

Day 2

眺めの良い場所での朝食

ダーウィン・ウォーターフロントで美しい景色を満喫しながら朝食を取って、1日をスタートしましょう。高級レストランからカジュアルなカフェやバーまで、どなたにもご満足いただける多彩なレストランが揃っています。

戦史体験

ストークスヒル・ワーフ(Stokes Hill Wharf)と、ロイヤル・フライング・ドクターサービス・ダーウィン観光施設(RFDS Tourist Facility)のダーウィン・ハーバー空襲の展示場へ向かいましょう。バーチャルリアリティ映画と実物大のホログラムで、この劇的な出来事が蘇ります。

水辺でくつろぐ

水着を用意して、ウェーブレクリエーション・ラグーンでスイミングを楽しみましょう。最大1.7メートルの波が一定の間隔で発生する人工のラグーンで、パドル、水泳、水遊びをお楽しみください。どちらのエリアでも安全に遊泳でき、クラゲに刺される心配もありません。また、ダーウィンの人気レストランもそばにあり、ウォーターフロントでランチを楽しむのもお勧めです。

ワニとご対面

ランチの後は、ダーウィン中心部のミッチェル・ストリート(Mitchell Street)にあるクロコザウルス・コーブ(Crocosaurus Cove)へ向かいましょう。ここでは、地球上で最大の爬虫類であるイリエワニを間近で観察し、水族館で魚類や爬虫類について学ぶことができます。

1日2回行われるワニと魚の餌付けショーは必見です。勇気がある方は、ケージ・オブ・デス(死の檻)に入って、飼育中の最大のイリエワニを間近で見てみましょう。スリル満点です!

来る日もディナーとサンセットを楽しむ

4月1日~12月10日の期間中は、チャールズ・ダーウィン・サンセット・ディナー・クルーズ(Charles Darwin Sunset Dinner Cruise)で夜をお楽しみください。テクニカラーでライトアップされた夜空を見上げながら、水上でシャンパンとお食事を満喫できます。

上記の期間外にご旅行の場合、ピー・ウィーズ・アット・ザ・ポイント(Pee Wee’s at the Point)へ向かい、ダーウィン・ハーバーやアラフラ海に沈む夕日を眺めながら、高級ダイニングをお楽しみください。ダーウィンでビーチ、サンセット、街の灯を眺めるのに最高の場所の一つです。

Day 3

カカドゥの1日 – 飛行機の旅

早起きして準備を整えて、カカドゥ・エア主催のヘリコプターツアー「カカドゥ・イン・ア・デイ(Kakadu in a Day)」に参加してカカドゥの日帰り観光を楽しみましょう。

午前8時30分に出発し、アデレード川、メアリーリバー国立公園(Mary River National Park)、カカドゥの曲がりくねったサウス・アリゲーター川とイースト・アリゲーター川、アーネムランド・プラトーにつながる大規模な氾濫原を抑える海岸沿いのマングローブ、そしてジム・ジム滝ツイン滝の壮大な景色を上空から楽しむ旅を始めましょう。

ランチの前には、カカドゥの湿原を巡る90分のイエローウォーター・ビラボン(Yellow Water Billabong)クルーズでゆったりと過ごしましょう。ロマンチックな植物相、野生生物、変化する地形を満喫しましょう。ワニにばったり出くわすかもしれません!

カカドゥ中心部のクーインダ・ロッジ(Cooinda Lodge)でランチを楽しんだ後は、カカドゥのアボリジナルの伝統オーナーが設立したワラジャン・アボリジナル・カルチャー・センター(Warradjan Aboriginal Cultural Centre)で午後を過ごしましょう。アボリジナルの歴史、工芸品、彫像についてのお話を聴いてみましょう。敷地内には、伝統的なディジュリドゥーや地元のアート作品などを取り揃えたギフトショップもあります。

ダーウィンに戻ったら、まずはホテルでリラックス。その後は、ザ・プリシンクト(The Precinct)でドリンクとディナーをお楽しみください。

Day 4

パラップでメルボルンスタイルのコーヒーを味わう

パラップのレーンウェイ・スペシャルティ・コーヒー(Laneway Specialty Coffee)で、ノーザンテリトリーで最高のコーヒーを朝食とともにお楽しみください。メルボルンスタイルのコーヒーはこのカフェによって築かれました。

土曜日の朝は、ダーウィンで有名なパラップ・マーケット(Parap Markets)に足を運ぶのをお忘れなく。多文化マーケットの屋台を巡り、ファッション、花、アート、工芸品などのショッピングを楽しみましょう。ランチには、有名な「メリーズ・ラクサ(Mary’s Laksa)」がおすすめです。

ノーザンテリトリー博物美術館の展示を見て歩く

ノーザンテリトリー博物美術館(Museum and Art Gallery of the Northern Territory)では、この地域のすばらしいアボリジナル・アートと歴史を幅広く紹介しています。アラフラ海を一望する美しいロケーションにあるこの美術館には、120万点を超える自然史の標本と30,000点を超える芸術と物質文化が所蔵されています。

植物園の美しさを満喫

ノーザンテリトリー博物美術館からわずか2kmの距離にあるジョージ・ブラウン・ダーウィン植物園(George Brown Darwin Botanic Gardens)を散策したり、セグウェイ・ツアーに参加して、新しい視点からオーストラリア北部の素晴らしい植物相を探索してみましょう。モンスーンの森、海岸沿いの砂丘、マングローブ、開放的な森林地帯を散策した後は、エヴァズ植物園カフェ(Eva’s Botanic Gardens Café)でランチをお楽しみください。

最高の地産食材を試食

ワーフ・ワン(Wharf One)では、絶品の地産食材を使って完璧に調理された料理が水辺のテーブルに運ばれてきます。ノーザンテリトリー産の燻製バラマンディを味わいたい方、または食欲をそそる柔らかい和牛のランプ肉を味わいたい方にも、素晴らしい数日間が待っています。

Day 5

ブッシュ・タッカーの朝食を楽しむ

歴史あるリヨンズ・コテージ(Lyons Cottage)にあるアボリジナルのブッシュ・タッカーでは、オーストラリア原産の食材を使ったブッシュ・フード・カフェで、ブッシュ・タッカーをメニューに取り入れています。ケーキ、紅茶、ダンパー、ジャム、サンドイッチ、サラダなど、バラエティ豊かなメニューを提供しています。お腹をいっぱいに満たして、これから始まる1日に備えてください。

また、アボリジナルのブッシュ・タッカーには、地元のアボリジナル・アートや工芸品、ユニークなギフト、家庭用品を扱うショップもあります。100%非営利事業で、持続可能な方法で経済活動に参加したいと願うアボリジナルの人々のために手段を提供しています。

リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)の滝壺で泳ぐ

ダーウィンの南東120kmの舗装道路をドライブし、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)のウォーターホールに飛び込んでみましょう。ここは、自然そのもののウォーター・テーマパークです。熱帯雨林のトレイルをハイキングしたり、流れ落ちる滝の下でフロッグキックしましょう。高さ6メートルに達する巨大なシロアリ塚に驚嘆すること間違いなしです。

歴史あるハーバーの眺め

エスプラネードへ向かうと、ダーウィン・ハーバーの断崖にバイセンテニアル公園(Bicentennial Park)があります。第一次世界大戦で亡くなったオーストラリア人、そして第二次世界大戦中に陸軍を救ったブッシュスキルを持つアボリジナルの人々を記念する、ダーウィン初の戦没者慰霊碑、戦没者記念碑を訪れましょう。

熱帯の木々の下を散歩しながら、エスプラネードから州議事堂へ。近くにはミッチェル・ストリート(Mitchell Street)もあり、ディナーのオプションも豊富です。

Day 6

トップエンドのバラマンディを釣る

地元の釣り愛好家に聞いてみると、トップエンドで1メートル以上のバラマンディを釣り上げるほど素晴らしいことはないと言います。釣り人たちの間では、ミリオン・ダラー・フィッシュ(Million Dollar Fish)コンペティションの話でもちきりです。1万ドルの賞金タグが付けられたバラマンディが100匹、100万ドルのタグが付けられたバラマンディが7匹放流され、1人の幸運な釣り師が100万ドルの賞金を受け取ります。トップエンドの釣り用チャーター船を予約しましょう。海で1日を楽しみながら、幸運をつかむチャンスです。少なくとも、その日の夕食はキャッチできるでしょう。

*最初のミリオンダラーフィッシュが捕獲された後は、残りの7匹は10,000ドルの価値になります。

地元民のようにピクニックを楽しむ

ピクニック用ラグと椅子を持って、地元の人気スポット、ナイトクリフ・フォアショア(Nightcliff Foreshore)へ行ってみましょう。運良くバラを捕まえられれば、無料のバーベキューでサンセットを見ながら夕食にしましょう。

魚が釣れなくても大丈夫です。ナイトクリフ・ジェッティ(Nightcliff Jetty)からラピッド・クリーク(Rapid Creek)までの海岸沿いには、バラエティに富んだポップアップフードバンが点在しているので、お好みの食事が見つかるはずです。ピザ、タコス、パッドタイ、スプード、クレープ、デザートのグリークドーナツなどから選ぶことができます。

Day 7

テリトリー・ワイルドライフ・パーク(Territory Wildlife Park)でワイルドに

近くのテリトリー・ワイルドライフ・パーク(Territory Wildlife Park)では、有名な「猛禽類」のショーを見たり、オーロー・サンドバー(Oolloo Sandbar)でアカエイやバラマンディの餌付けを楽しめます。木の上の鳥小屋、天然のラグーンや水族館の周りを歩き回って、常在するイリエワニなどの動物を観察しましょう。

スタイリッシュに締めくくり

ダーウィンでの1週間は、街の主要なエンターテイメント地区であるミッチェル・ストリート(Mitchell Street)にあるバーやパブで締めくくりましょう。ビアガーデンのある伝統的なパブ、人気のライブミュージック会場、ストリートサイドでダイニングを楽しめるテラスバー、カジュアルなバックパッカー向けのお店、おしゃれなカクテルバー、ナイトクラブなど、多彩なお店が揃っています。

トップエンドの見どころとアクティビティをお探しですか? これらの旅行日程をご覧ください。

シェアする