Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

フード&ドリンク

ダーウィンの熱帯地方からアリススプリングス周辺の奥地の風景まで、この地域で味わえる料理とワインは普通の基準とはちょっと違います。ノーザンテリトリーの人口を構成する50以上にも及ぶ国の料理に影響を受けているため、ノーザンテリトリーでのディナータイムは、どれを選ぼうかとぜいたくな気分を味わえます。

ダイニングルームから出て、オープンエアマーケットや星空の下でのディナーを楽しみながら、多種多様な影響を受けて調理された新鮮な味を満喫してください。テリトリー・フード・ツアーに参加することは、地域の最高の食材を発見するための素晴らしい方法です。

ノーザンテリトリーの料理の人気スポットでは、バラマンディ、マッドクラブ、その他ノーザンテリトリー・シーフードがトップエンドのメニューに並び、新鮮であることは間違いありません。アジアに近いダーウィンではタイ、マレーシア、インドネシアの影響を受けた料理は珍しくありません。ダーウィンのギリシャ、インド、アボリジニの伝統も、その料理から伝わってきます。

レッドセンターでは、地元の果物やベリーから作られたアボリジニのブッシュ・タッカーを食したり、たくさんの素晴らしいレストランやカフェでステーキやハンバーガーを食べたり、また、ウルルで日が沈む頃、砂丘で5つ星のディナーを堪能したりすることができます。

食べ物に隠された多種多様なノーザンテリトリーの個性に出会うことは、旅行の醍醐味です。

Territory Taste logo

NTの見どころ&体験を検索する

検索結果がありません。もう一度やり直してください。

ダーウィンのレストラン

ノーザンテリトリーの首都では、オープン・マーケットで熱帯料理を楽しんだり、ダーウィン・フィッシュマーケットのボートで直接シーフードを食べたり、ダーウィン・ハーバーでサンセット・ディナー・クルーズに参加したり、また ピーウィーズチャーワーフ・ワンなどの豪華なレストランでお食事をお楽しみいただけます。

全部試してみたい人には、CBDを横断するウォーキングツアーで食欲をそそるプレートを食すダーウィン・グルメ・ツアー がおすすめです。ダーウィンはリラックスした、熱帯の雰囲気があり、星空の下で冷たい飲み物を飲みながらくつろぐ選択肢がたくさんあります。

レッドセンターをゆっくり楽しむ

アリススプリングスのグルメスポットは、誰にとっても楽しめます。モンテズでハンバーガーやビールを飲みながらカーニバルの雰囲気を味わったり、ハヌマーンでタイ料理とインド料理のお食事を楽しんだり(牡蠣がおすすめ)、また、町中にたくさんある素晴らしいレストランやカフェからお選びいただけます。

本当のノーザンテリトリーのおもてなしを味わうには、アース・サンクチュアリでのアウトバック・バーベキュー・ディナーとショーをお見逃しなく。レッドセンター・デビル・クラフトビールをお試しください。または、町から出て、RT ツアーズ・オーストラリア の有名なアボリジニ・シェフ、ボブ・テイラーと一緒に、星空の下でのキャンプ・ファイヤー・ディナーをお楽しみください。

ウルル周辺のグルメスポット

アボリジニのガイドと一緒にウルル周辺ツアーに参加し、地元のアナング族の人々の狩猟採集方法を体験してください。究極の料理とワインを体験するには、ウルルに沈む夕日を眺めながら、サウンド・オブ・サイレンスまたはタリ・ウィルの美味しい料理と上質なオーストラリア・ワインのディナーがおすすめです。

キングス・キャニオン・リゾートのアンダー・ア・デザート・ムーン 4コース・ディナーを楽しんだり、有名なキングス・クリーク・ステーションのラクダバーガー をお試しください。

NTのフード&ドリンク関連イベント

カカドゥとアーネムランドは、新鮮さが売りです。

岩から採ったばかりの牡蠣に、レモンを数滴絞っていかがですか? カカドゥとアーネムランドのサファリでは、生息地から直に、味わう瞬間まで楽しめる新鮮なシーフードを自分で収穫できます。

カカドゥの、アニマル・トラックツアーで、果物、山芋、球根などのブッシュ・タッカーを探索してみましょう。アボリジニのガイドが、サンセットディナー用にブッシュ・タッカー料理を作ってくれます。

キャサリン・グルメ家ツアー

ナビリル・ドリーミング・サンセット・ディナー・クルーズで、ニトミルク(キャサリン)渓谷をお楽しみください。ここでは、3コースディナーをボートでそのまま料理し、渓谷でのサンセット後、キャンドルライトでサーブしてくれます。

または、キャサリンのキャラクター「マークシー」と一緒に、キャンプファイヤーを囲んだオーストラリアのストックマンのディナーに参加してみてください。キャンプファイヤーの歌の集い「ダンパー・オン・ア・スティック」(アイスクリームのブッシュ版)と、ビリー・スピニング・コンペティションが催されます。