Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

ウルル (エアーズロック)

ウルル/エアーズロックは、オーストラリアで最も有名なシンボルの1つです。

モノリスは高さ348メートルで、伝統的なアボリジニの所有者であるアナングの人々にとって文化的に大きな意味があります。

アリススプリングスの西440kmに道路で位置するウルルカタジュタ国立公園には、ウルル/エアーズロックとカタジュタ/オルガスの印象的な36のドームがあります。これらの巨大な地層は5億年以上前にさかのぼり、毎年何千人もの旅行者が訪れます。

キャンプ場から豪華な宿泊施設まで、公園の訪問者にサービスを提供するために建てられた小さな町の目的であるユララで利用できます。ユララにはエアーズロックリゾートがあり、ほとんどの予算に合うさまざまな施設、ショッピングセンター、オーストラリアの他のいくつかの目的地に毎日接続できる空港で構成されています。

ウルル/エアーズロック見どころ&体験

すべき上位5つのこと

1.ウルルの麓の散策

ウルルの麓散策は美しい自然を満喫してウルル近辺にアクセスする最良の手段の1つです。

総距離が9.4km に及ぶ麓を周回し、静寂に包まれた泉で休憩し、壮大なモクマオウの木々で一服して秘密の洞窟を探索しましょう。

ガイド同行のツアーに参加して世代を超えて継承されてきたDreamtime(万物創造の時)にまつわる話を聞きましょう。驚異のロックアートのスポットを訪れ、地域の自然動植物のことを学習してこの地域の魅力的な地質のことを認識しましょう。

現在目にできるのは巨大な岩のスラブの上っ面でしかなく、実際には地中の最長6km にまで伸びているのです。ご存知でしたか?

観光客の大半は415種以上の天然植物、21種の哺乳動物、178種の鳥類、73種のは虫類、数千種のアリ、クモ、ハチがここで見られるとしって驚きます。

ウルルの麓には無数の散策道があり、大半は車いすの歩行にも対応しています。登山ではなく麓付近を散策することで、地元のアボリジニの人たちの言葉や願いを認識できることでしょう。

2.日の出やサンセットの満喫

ウルルは壮大な日の出やサンセットを体験できることで世界的に有名です。

何をするにせよ、黄色と茶色の巨大な表面が光に照らされて艶のあるオレンジから深紅になってあらゆる色彩が介在するウルルのサンセットや日の出は見逃してはなりません。

ウルルの地形を体感できるよう専用に展望エリアが5か所以上設けられていますので、カメラを是非携行しましょう!

3.星のキャノピーの下でのダイニング

ウルルやカタジュタを背景に、星や砂漠に包まれた雰囲気で一生の思い出となるようなダイニングを堪能しましょう。グルメ料理を楽しむことができます。

ノーザンテリトリーの象徴的な名所をもっと贅沢に堪能するのであれば、世界クラスのダイニング体験を組み込むと良いでしょう。

Voyages ではSounds of Silences(静寂の音)およびTali Wiru(タリウィル)ディナーパッケージが用意されており、あらゆる予算や好みに合わせたダイニング体験を満喫することができます。

4.Uluru-Kata Tjuta Culture Centre(ウルル – カタジュタ文化センター)見学

Uluru-Kata Tjuta Culture Centre(ウルル – カタジュタ文化センター)は公園を訪れる人たちにとっての絶好の起点です。

センターではアクティビティや公園の情報、ならびにAnangu(アナング)文化の紹介情報を得ることができます。

受賞歴のあるMaruku Arts(マルク・アーツ)ですが、折籠、punu(木工品)および伝統的なキャンバス絵画等の多彩なアートにわたっています。

地元のアーティストの実演やワークショップを是非体験してみましょう。

Maruku Retail Gallery(マルク・リテール・ギャラリー)はUluru Kata -Tjuta National Park(ウルル – カタジュタ国立公園)内のCultural Centre(文化センター)にあります。

5.キャメルツアーへの参加

ラクダあるいはデザートシップに乗ってオーストラリア中央部の赤砂を体験し、ウルルとカタジュタへの日の出とサンセットの両方のツアーに参加しましょう。

ウルル登頂

ウルル(Ayers Rock(エアーズロック))は先住民であるAnangu(アナング)の人たちにとって重要な聖地です。というのはAnangu(アナング)の人たちが口にする「登らないでください」という重要なスピリチュアルの意義を帯びた存在であるからです。

登らないでください

登ることは厳禁となっていますが、ウルルには登らないことで地元の法や文化をご理解いただくよう願います。

登るのは体力的な過酷であり、安全性から、登頂が不可となる時があります。また、登るのは危険を伴う可能性があります。ウルル登頂を試みて命を落とした人もいれば、ケガを負った人もいます。

ウルルに登るのではなくむしろ、ウルルの魅惑的な麓周辺を散策すると良いでしょう。午前中のまだ涼しいうちにMala(マーラ)の駐車場を出発し、水分を十分補給して多様な植物、動物、地政学的特徴を観察しましょう。これがウルルの自然の文化的な美を存分に堪能することのできるベストの手段です。

地元のガイド同行のツアーに参加し、ガイドからこの強大な岩の文化や重要性について学びましょう。

さらに、毎日、無償のレンジャー同行の「Mala(マーラ)」ウォークも催行されています。このウォークではMala(マーラ)(コシアカウサギワラビーの人々)のストーリーを通じて伝統的なAnangu(アナング)の文化、ロックアートおよび公園の管理状況を認識することができます。

多数の選択肢があるので、詳細は Parks Australia(パーク・オーストラリア) のサイトを確認してください。

詳細

ウルルへはオーストラリアの主要都市やアリススプリングズから直行便が運航されています。Red Centre Way(レッドセンター・ウェイ)ドライブはドライブしながらアドベンチャー的要素を堪能したいと考える方にぴったりですが、あるいはアリススプリングズ出発の数々の催行ツアーに参加することも可能です。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

お得な旅行プラン