Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

第二次世界大戦のペル滑走路キャンプ4RSUワークショップ、アデレードリバー

ペル飛行場は、1942年2月19日のダーウィンへの最初の日本の攻撃で殺害されたフロイドJペル少佐にちなんで名付けられました。

これは、1942年初頭に、航空機の救助、修理、整備施設としてエアロドローム開発プログラムの一環として開発されました。戦闘機として機能したサトラー、シュトラウス、リビングストーンのさらに北の飛行場とは対照的です。

No。4 RSU(修理および救助ユニット)は1942年後半にペルに到着し、サイトを占領する多数の修理および救助ユニットの1つであり、1945年5月までそこに留まりました。テリトリーのトップエンドのエリアであり、さまざまな種類の運用可能な航空機へのサービスを実施しました。

No。4 RSUは1945年半ばにウィネリーに移転し、ペルはその直後に放棄されました。残りのキャンプ、ワークショップエリア、誘導路は比較的無傷であり、運用中の飛行ユニットの魅力はまったく見られなかったが、救助、修理、運用サービスへの復帰に役立ったユニットの活動を表す重要な境内を提示するために組み合わされています。航空機の種類の範囲。