Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

カンタスギニア航空格納庫

格納庫は、Sidney-Williams Companyによって開発され、1934年にカンタスエンパイアエアウェイズ社のために100周年記念エアレースに間に合うようにダーウィンに建てられたプレハブの建物です。

これは、カンタス航空とエンパイア航空が運航する最初のオーストラリア-イングランド航空サービスで使用され、その後、カンタス航空とギニア航空が運航する最初のアデレード-ダーウィン航空サービスで使用されました。 1946年までに、ロススミス滑走路は運用を停止し、格納庫は機械工房として使用され、後に店舗として使用されました。