Adelaide River Railway Station (the new railway line is in the foreground).
Collection of disparate items on site – Car body, mining equipment and rail equipment.
Adelaide River Railway Bridge (no longer in use).

アデレードリバー鉄道側線と鉄道橋

アデレードリバー鉄道側線と鉄道橋は、1888年から1976年まで運行された北オーストラリア鉄道(NAR)の最初の区間の一部として建設されました。

この橋は、パーマストンからパインクリークまでの路線で最初に建設された橋の1つでした。作業のこのセクションに沿って最大の1つ。 1887-88年に建設された橋は、1888年12月3日にシルバートンによって最初に渡られました。 1941年から42年にかけて、雨季の洪水時に1車線の車両でアクセスできるように、橋には木材デッキが取り付けられました。それは1952年にさらにアップグレードされました。終電は1976年6月30日に橋を渡りましたが、1980年3月27日にエドウィンバーバーグ橋が開通するまで道路交通に使用されていました。

鉄道側線は、ダーウィンからパインクリークまでの北オーストラリア鉄道の最初の主要駅であり、路線上で唯一のリフレッシュルームがありました。第二次世界大戦中、アデレードリバーは主要な軍事の中心地であり、町の北に主要な病院があり、この地域にはオーストラリアと連合国の多くの基地がありました。

  • Information

    設備

    • 駐車場
    • ピクニックエリア
    • 公衆便所

    アクティビティ

    • あるきます

    アクセス

    Caters for people with sufficient mobility to climb a few steps but who would benefit from fixtures to aid balance. (This includes people using walking frames and mobility aids) Caters for people who are deaf or have hearing loss. Caters for people who are blind or have vision loss.

  • Map

    Map

    What’s nearby

    What’s nearby

    Explore the NT
    Driving routes Flight paths

お得な旅行プラン