skip to main content

自然 & 野生の生態

オーストラリア中央部にある太古の岩石層は有名ですが、それだけではなく、珍しい色彩の美しい世界を見ることもできます。

中央オーストラリアにある太古の岩石層は有名ですが、目を凝らせば珍しい色彩の美しい世界藻広がっています。この険しい砂漠地帯で暮らす哺乳動物、珍しい鳥や鮮やかな花々が見ることができます。

アイコンの岩

ネイティブフクシャ(mintjingka)、レッド・リバー・ガム(ユーカリの一種)、派手なピンクの花をつけるフォックステールやアナング語でいうAlputatなどウルル-カタ・ジュタ国立公園には何百種もの植物たちが生息しています。

オーストラリアのブッシュのアイコン - カンガルー、エミュー、ディンゴ、ワラビー達は赤い砂漠を移動しながら暮らしているので、多くのシャッターチャンスがあります。ウルル周辺ではアボリジニ文化が色濃く残っておりrufous hare walabyはアナング族の先祖であるマラの精神を体現していると信じられています。

トゲトゲだらけ

レッドセンターの爬虫類達は、しばしば日光浴をしています。小さい棘の悪魔(ngiyari)から体長が2.5メートルもある、世界で2番目に大きいトカゲ(ngintaka)の他、毒性のない2種を含む13種のヘビも生息しています。

素晴らしい

茶色の鷹やオーストラリアンケストレルは空高くを見上げ、歌うミツスイ(ハニーイーター)、胸の部分が赤い珍しいオウム、「美しい妖精」とも呼ばれるムラサキオーストラリアムシクイを見つけるには地面の近くに目を向けてみましょう。170種以上の鳥達が暮らすウルル地域はまさに鳥達のパラダイスです。

ワラルーを探す

ウルルの北東に位置するワタルカ国立公園は、とても珍しい生態系を保っています。キングスキャニオンの険しい地形には、デザート・オークやグレビアス、サイプレス・パイン、鮮やかなワイルドフラワーなど、600種以上の植物や樹木が生息しています。

餌を探すワラルー(ワラビーとカンガルーの交雑種)や、峡谷の壁を越えて飛翔するペレグリン・ファルコンなどを探してみましょう。キングスキャニオンの麓への道には、涼しい泉やヤシ木陰が茂る「エデンの園」があります。

連絡する

サインアップして、ノーザンテリトリーの最新のニュースお得な旅行プラン旅行情報 をお受け取りください。データプライバシーに関するステートメント

RD2818786B5C9E