Skip to main content

ウルルとその周辺 7日間の旅行日程

この7日間の旅行日程では、ウルルとその近くのカタ・ジュタから壮大なキングス・キャニオン、さらに古代の塩湖、アマデウス湖(Lake Amadeus)を巡ります。地元のアナング族の人々にとってウルルが重要であることを学び、アウトバックのラクダステーションで生活を体験します。

徒歩、ラクダ、二階建てバス、自転車、ハーレーの後部席、飛行機など、あらゆる角度からオーストラリアを象徴するランドマークを眺めることができます。どれを選んでも、ウル(特に日の出や日の入り)の景色は、期待を裏切ることはありません。

Day 1

ウルル−カタ・ジュタ・カルチャーセンターで旅をスタート

ウルル−カタ・ジュタ・カルチャーセンターで1日をスタートして、公園、アクティビティを楽しみ、地元のアボリジナル文化について詳しく学びましょう。ウルルはこの地域に22,000年以上住み続けているアナング族によって管理されています。カルチャーセンターでは、アナグ族のアート作品を購入したり、工芸品の実演を見たり、ブッシュ・タッカー・セッションやガイド付きのウォーキングに参加することができます。

あらゆる角度からウルを見る

マラ・ウォーク(The Mala Walk)で、ウルをあらゆる角度からご覧ください。マラ・ウォーク(The Mala Walk)では、マラ族の洞窟や、ドラマチックな岩壁のふもとにある静かな滝壺の神聖なカンジュ渓谷などを見学でき、車いすで訪れる方のための設備も完備されています。わずか90分(復路)で、アング族のロックアートや、その創作の信条について学ぶことができます。

思い切ってアドベンチャーに出る

冒険心が強い方は、スリル満点のスカイダイビングで空へ飛び、オーストラリアで最も有名な自然のランドマークの驚異的な大きさと特徴を眺めたり、パノラマの景色を満喫したり、ヘリコプター遊覧飛行で写真を撮ったり、ハーレー・ダビッドソンの後部席に乗って壮大な景色を眺めながらアドベンチャーに出かけましょう。

エアーズロック・リゾートでくつろぐ

エアーズロック・リゾートでは、アパート、5つ星のラグジュアリーな荒野のキャンプ、ホテル、バックパッカールーム、キャンプグランドのいずれかに宿泊できます。自分でステーキを購入・調理できるアウトバック・パイオニア・ホテルのオープンエアのバーベキューなど、毎晩、違う食事をお試しください。

Day 2

砂漠でキャメルトレッキング

ラクダの上からユニークな視点で砂漠の美しい風景を楽しみましょう。ウルの日の出を眺めながら、静かにのんびりと散歩しましょう。ガイドがビリーティーと焼きたてのビールパンの朝食をご用意します。

ルを徒歩または自転車で周る

ング族の昔からの土地所有者は、ウルルは神聖な場所であるため、観光客はウルルに登らないでほしいと考えています。その代わりとして、アボリジナルのガイドが率いる徒歩のツアーに参加したり、カルチャーセンターの近くで自転車を借りて、解説付きの展示が点在する10.6キロのベースウォークでウルを一周することができます。ウルのふもとで、泉、ウォーターホール、ロックアートの洞窟、古代絵画をたくさん見ることができます。

午後は、ハーレー・ダビッドソンの後部席から壮大な景色をお楽しみください。

星空の下でユニークなディナーを楽しむ

ディナーを思い出深いものにしましょう。サウンド・オブ・サイレンスでのディナーは、カナッペで始まり、ウルとカタ・ジュに沈む夕日を360度の角度で見ることができる素晴らしい体験になります。

次のコースは、ブッシュサラダやオーストラリア産高級ワインを取り揃えた地産肉のグルメバーベキューをお楽しみいただきます。その後、アボリジナルのダンスパフォーマンスや、地元の「星空ガイド」が夜空を案内してくれます。

Day 3

カタ・ジュへ向かう

近くには、たくさんの頭という意味を持つカタ・ジュタ(オルガ岩群)があります。5億年前に遡る大きな岩のドームが建ち並びます。朝は早起きをし、車でカタ・ジュ砂丘の展望エリアに行ってみましょう。駐車場から歩いてすぐの所には、巨岩群の壮大なパノラマビューが広がり、刻々と変化する景色の色彩を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

トレイルでカタ・ジュタを散策

カタ・ジュへの道を進み、2つある人気のウォーキングトラックの1つに挑戦して、古代のドームがどれほど古く、壮大であるかを確かめましょう。ウォルパ渓谷ウォーク(Walpa Gorge Walk)は、小川からスピアウッドが生い茂る木立へと続く簡単なウォーキングコースを約1時間かけて戻ります。有名な風の谷ウォークは、中難度7.4kmの1周コースです。ドーム状の岩の間を縫うように歩き、2つの展望台から砂漠の平原の壮大な眺めを堪能できます。

サンセットを楽しむ

サンセット展望エリアで夜を締めくくり、中央オーストラリアの壮大な風景に沈む夕日を眺めましょう。

Day 4

ワタルカ国立公園への旅を始める

レッドセンターのアドベンチャーには、ウルからわずか3時間のところにあるワタルカ国立公園と魔法のような砂岩地層のキングス・キャニオンが必須です。

カーティンスプリングスでホームスタイルのおもてなしを楽しむ

途中でカーティンスプリングス(Curtin Springs)に立ち寄り、歴史あるボー・シェッド(Bough Shed)で本格的な家庭料理をお楽しみください。このレストランでは、牧場の肉を使って、さまざまな美味しい料理を提供しています。庭園を散策し、地域や現役の牧場の豊かな歴史について学びましょう。中央オーストラリアのユニークで美しい土産品として、原生の草から手作りされたカーティンスプリングス(Curtin Springs)ペーパーを持ち帰りましょう。

キングス・キャニオンの谷底を探索する

ラセッターハイウェイ(Lasseter Highway)とルリチャハイウェイ(Luritja highway)を2時間あまり進むと、キングス・キャニオンの古代の砂岩壁に到着します。この壁は、緑豊かなウォーターホールから100メートルを超える高さでそびえ立っています。谷底を探索し、峡谷の縁のドーム状の岩群まで登りましょう。キングス・クリーク・ウォーク・トレイルの穏やかで日が射さないトレイルは、谷底に沿って展望台まで2.6km続いています。5月から9月までは、ガイド付きレンジャーウォークとトークが開催されます。夕暮れ時には、峡谷の色の変化を眺めるのもお勧めです。

砂漠リゾートに宿泊

ワタルカ国立公園からわずか7kmのキングス・キャニオン・リゾートでは、モーテルスタイルの客室からキャンプ場まで、幅広い宿泊施設からお選びいただけます。リゾートにはサービスステーション、コンビニエンスストア、バー、レストランがあります。ロマンチックなアンダーデザートムーン(Under a Desert Moon)ディナーでは、2名様向けの6品コースの屋外ダイニングをお楽しみいただけます(4月~10月)。

Day 5

日の出の時間のキングス・キャニオンのリムウォークで暑さをしのぐ

朝早起きして日の出を見たり、キングス・キャニオンの縁を歩き回り、ロスト・シティ(The Lost City)の風化した要塞化ドームと、エデンの園にある緑豊かな谷の壮大な景色を眺めましょう。

壮大なアウトバック体験

ウォーキングを終えたら、キングス・キャニオンに別れを告げ、ジョージ・ギル山脈(George Gill Ranges)のふもとにある牛とラクダの牧場、キングス・クリーク・ステーション(Kings Creek Station)まで35km走ります。短時間または1泊のクワッド・バイク・ツアーで、アウトバックの壮大な景色を探索しましょう。カンガルー、野生のラクダ、オナガイヌワシ、カラフルなオウムなどを探しましょう。

ストックキャンプショーを予約し、地元の人々の目を通してこの地域の歴史を学びましょう。動物を操る実演をライブでご覧いただき、夜は伝統的なダンパーとビリーティーで締めくくりましょう。

キャンプかグランピングを選ぶ

テントを張ったり、自然のブッシュに囲まれたサファリ・キャビンに宿泊したり、有名なキングス・クリーク・キャメル・バーガーを味わったり、ジョージ・ギル(George Gill)展望台から壮大な景色を眺めたりと、思いのままにお過ごしください。

Day 6

カーティンスプリングスに戻る

ラセッターハイウェイ(Lasseter Highway)とルリチャハイウェイ(Luritja highway)でウルに戻る際、カーティンスプリングス(Curtin Springs)に立ち寄り、1泊しましょう。有名な塩湖を見たり、マウントコナーの近くまで行くなど、この地域には見どころやアクティビティが満載です。どちらもカーティンスプリングス(Curtin Springs)のツアーで行くことができます。ガイド付きウォーキングツアーやSEITの4WDツアーもお見逃しなく。

マウントコナーやアマデウス湖(Lake Amadeus)の近くに到着

マウントコナーはウルほど有名ではありませんが、同様に素晴らしい場所です。周囲の砂漠から300メートルの高さにそびえ立つ、平たんで、馬蹄形をした山です。古代の内陸の塩湖、アマデウス湖は、ノーザンテリトリー最大の塩湖で、素晴らしい写真を撮ることができます。

日中は、ワインを片手に、マウントコナーに沈む夕日の色の変化を眺めながら、カーティンスプリングス(Curtin Springs)のシェフが腕を振るう3品コースのアウトバックディナーをお楽しみいただけます。

カーティンスプリングス(Curtin Springs)に立ち寄る

カーティン・スプリングス・ウェイサイド・イン(Curtin Springs Wayside Inn)では、エンスイート、バジェットルーム、ファミリールーム、電気供給あり/なしのキャンプ場など、宿泊施設の選択肢もたくさんあります。

Day 7

ボー・シェッド(Bough Shed)で朝食

ウルルに戻る前に、カーティンスプリングスのボー・シェッド(Bough Shed)で朝食とホットコーヒーをお楽しみください。途中車を停め、最後に見える壮大な岩を写真に収めましょう。

ユララでお土産を買う

オーストラリアを代表するこの観光地に別れを告げる前に、少しだけユララの町を訪ねてみましょう。土産品を手に入れるには絶好の場所であり、素敵なカフェでランチを楽しめます。

素晴らしい1週間のアドベンチャーと一生に一度の体験について振り返りましょう。空港に到着し、帰りのフライトに乗る時間です。

シェアする

ウルルとその周辺の旅行プランをダウンロード