skip to main content

​ノーザンテリトリーでしかできない10のこと

あなたが若かろうがそうでなかろうが、冒険に出たいかリラックスしたいか、予算が決められていようが豪遊する準備ができていようが関係ありません。ノーザンテリトリーでの休暇は他にはない体験となります。

ノーザンテリトリーは世界で最もユニークなトラベル体験を提供します。レッドセンターを横断しオーストラリアの野性動物に近づくなどノーザンテリトリーへの旅行の思い出はあなたの永遠の宝物となります。ノーザンテリトリーでの休暇でできる10のことは忘れてください。オーストラリアで最も多様性があり魅力的な領域のノーザンテリトリーでしかできない10のことをここでは挙げます。

1. ダーウィンの死のケージでクロコダイルと泳ぐ

クロコダイルと一緒に泳ぐことができないのであれば「死のケージ」に入るようにあなたを説得するでしょう!

クロコサウルスコーブの死のケージはクロコダイルの囲いの中で水面下に浸かることで安全な環境の下、鱗のある新しい友人と近づくことができます。安全ですがそれでもドキドキすることは間違いなしです!

ダーウィンの中心部に位置するクロコサウルスコーブは普通の動物園とは少し違います。またこれは普通のクロコダイルパークでもありません。クロコダイル用にフィッシングを行ったり、一緒に泳いだり、赤ちゃんワニを抱いたり、食事の時間に大きなワニをみることもできます。

2. ダーウィンの北、ティウィ島でアボリジニーカルチャーに浸る

ダーウィンの北80kmにあるティウィ諸島はバサースト島とメルヴィル島の総称であり、本物のアボリジニー文化を体験希望する旅行者必見の目的地へと急速になりつつあります。30分のフライトもしくはフェリーで数時間で行くことができます。

伝統的なオーストラリアンアートや埋葬儀式について学んだり、トーテムダンスやスモーキングセレモニーを楽しんだり、オーストラリア式のフットボールゲームに参加したり、世界で最も静かな隠れ家スポットを楽しむことができます。ティウィ諸島は自然と文化が完璧に融合しており、このような場所は世界中のどこにもありません。

ツアーに参加したいのであれば、Tiwi Islands AdventuresやAAT Kings and SeaLinkなど評判の良い運営があります。一人旅の場合には、ティウィの議会から適切な許可を得るようにしてください。

この地域が「笑顔の島」と呼ばれるのには理由があります。ティウィ諸島に向かうと何故だかわかるでしょう。

3. ノーザンテリトリーのトップエンドのMillion Dollar Fish(ミリオンダラーフィッシュ)で100万ドルを獲得

ノーザンテリトリーでの釣りは世界レベルで有名、もしくはそれ以上であり、自身の釣り糸を操ることで億万長者になることができる世界でも唯一の場所です。The Million Dollar Fish プロモーションはノーザンテリトリーの暦で最も人気のあるイベントの一つとなりつつあります。毎年トップエンド周辺のフィッシングホットスポットでノーザンテリトリー観光協会が101匹のバラマンディに値段をつけます。100匹には$10,000の賞が与えられ、幸運な1匹には$1,000,000もの値段がつきます!

4. ウルルのフィールドオブライトでブルース・ムンロの照明アート展示を見て歩く

ノーザンテリトリーは美しい景色とたくさんの魅力的な自然な色合いで有名です。しかしウルルに位置するフィールドオブライトのような場所はどこにもありません。

有名なアーティストブルース・ムンロにより作成されたこの美しいウルルのライトショーは50,000以上のソーラーライトでできており、夕陽や星で輝く夜に完璧に映えます。当初2016年に作成されたこの屋外ライト展示は2020年3月まで延長されることとなりました。待っている時間はありません。

5.ウエストマクドネル山脈のレッドバンク渓谷でチュービング

乾燥し埃っぽい平原や岩場の露出した光景はノーザンテリトリーのポストカードとして飾られることが多いですが、レッドセンターの美しいオアシスを忘れてはいけません。そこでは泳いだりチュービングも可能です。

涼むのに最も美しい場所の一つがアリススプリングスの近くのウエストマクドネル山脈にあるレッドバンク渓谷です。古代の荘厳な壁肌が時代に関係なく浮かび上がるのを見ながら、背の高い崖の間をタイヤチューブに乗って快適にすべります。 

6. ダーウィンのDarwin Lions Beercan Regattaでビール缶ボートを作る



たくさんのユニークな体験につれて触れてきましたが、毎年7月に行われるダーウィンのビール缶レガッタよりもノーザンテリトリーでユニークなものはありません。

毎年行われるこの必見のイベントには観光客も一緒に地元の人達と参加しましょう。どのように参加するのでしょうか?答えは簡単です。アルミのビール缶で自分のボートを作成し水に流しましょう。たとえあなたのボートが浮かばなかったとしても楽しさは保証します!

楽しさいっぱいのイベントでありリサイクル習慣もサポートしています。地元慈善団体へと使われるその日の売り上げにより、地域の最も有望なイニシアチブを支援します。

7. アウトバック・フロートプレーン・アドベンチャーでチョッパー、水上飛行機、エアボートに乗る

トップエンドでわくわくした体験をしたいのなら、奥地の水上飛行機のアドベンチャーは無視できません。

素晴らしい水上飛行機体験、リバークルーズ、ドキドキするエアボート、荘厳なヘリコプターフライトなどを一つのツアーで全て組み合わせることができると想像してみてください。世界中でこのような場所をみつけることはできません。

チョッパー操縦者、動物エキスパートでリアリティー TV シリーズ Outback WranglerのスターであるMatt Wrightに会うことができたならあなたはラッキーです。

8. 世界で最も大きなロックの周りをセグウェイで走行

ウルルは非常に壮大で美しく、様々な位置から見ることができます−そこでセグウェイで路上、もしくは路上を離れてロックの周りをクルージングするのはいかかでしょうか?

セグウェイツアーの良い点は快適さとアクセシビリティーですが Uluru Segway Toursのように素晴らしい景色を見ることができるのは世界の何処にもありません。これはウルルの旅行者アクティビティーの中でも最も急速に人気が出ているツアーです。これはロックに近づくチャンスであり、ウルルの一枚岩の壮大さやスケールを直に感じることができます。もちろんウルルツアーオプションにはヘリコプターツアーからスカイダイビング体験、バイク旅行、ラクダに乗るなど他にもたくさんあります。またただ歩きたいのであればそれも可能です!

9. テリトリーデーに自分で花火を打ち上げる

ほとんどの場合オーストラリア全域にわたって花火は禁止です−がテリトリーデーは例外です!7月1日はノーザンテリトリーの自治体の記念日でありテリトリーデーの花火は年に一回の行事となっています。

花火は 7月1日の6pmから11pm の間のみ使用可能でありそれ以降は所持することすら違法です– そのため可能な時にできるだけ早く使ってしまいましょう。しかし安全に関する事前注意には従いましょう。

見物をする場合には快適な席を確保し、ダーウィンの美しいミンディルビーチ越しの花火をのんびりと眺めましょう。

10. キングスキャニオンのKarrke Aboriginal Cultural Experience Tourでオオボクトウの幼虫を食す

ノーザンテリトリーへの旅行は、ブッシュタッカーなしでは語れません。何世紀にも渡ってアボリジニーの主食となっているオオボクトウの幼虫などの伝統的なアボリジニー料理を直に体験してみてください。

オオボクトウの幼虫は初めこそ不快に感じるかもしれませんが、バターのような味は試してみる価値ありです。ローストチキンとポップコーンの間の味を想像してください。

Karrke Aboriginal Cultural Tourではネックレスを作りや伝統的なペインティングなどするべきことがたくさんあります。またレッドセンターの薬草療法やたくさんの植物や鳥達について学ぶことができます。

シェアする