skip to main content

ウルル周辺の歴史と遺産

一泊して、2つしか存在しない地域の牧場でアウトバックの開拓の歴史を知るツアーにでかけよう。

ラセッターハイウェイは、赤い泥、緑の潅木、ウルルとカタジュタのモノリス、とアウトバックの真骨頂であるとも言えます。何千年も前から先住民族が住んでいたこの地域と新開拓民との和解は簡単なことではありませんでした。

キングスクリークや、カーテンスプリングスに存続する2つの牧場を尋ねてみましょう。一晩滞在し、開拓の歴史を物語るツアーに参加てみましょう。

ラクダの国

ストックマンの生活を体験し、野生のラクダを捕まえ、動物の扱い方を学びブッシュダンパーを楽しみながら一日を終えましょう。キングスキャニオンとワタルカ国立公園への入り口に位置するキングス・クリーク・ステーションは、1900年代初めの牧歌的な生活と歴史を学べる牛とラクダのいる牧場です。

牧場での生活

ウルル⁻カタ・ジュタ国立公園へ向かう途中で、カーテンスプリングス・ウェイサイド・インと牧場を通過します。ここ昔コナ山ステーションと呼ばれ、1930年代に設立され1956年からはセヴェリン家が運営しています。

地元発のツアーで本当のアウトバックへの冒険を体験し、この土地の歴史と本物のアウトバック牧場を訪れてみませんか?

RD2818786B5C9E