Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

道路での安全

Northern Territory(ノーザンテリトリー)でのアドベンチャーを始める前に、あなたと同乗者の安全を守るために知っておくべき運転のヒントとルールがいくつかあります。

ノーザンテリトリーには、赤い砂漠の砂から、緑豊かな熱帯の低木林地や見事なビーチまで、オーストラリア’の最も息をのむようなドライビングルートや風景がありますが、道路状況はビジターを驚かせることがあります。

旅の計画

出発前に次の重要な安全のヒントを確認してください。

道路状況の確認

毎日出発前に必ず道路状況を確認しておきましょう。常に自分の能力に合わせて運転すること。

雨期・熱帯性気候の夏の間(11月~4月)は、洪水のため一部の道路が閉鎖される場合があります。閉鎖中の道路は走行しないでください。多額の罰金が科される場合があります。

道路状況は素早く変化する可能性があるため、旅行中は毎日確認してください。道路に関する情報は、www.roadreport.nt.gov.auまたは電話番号 1800 246 199で確認できます。

車は安全ですか?

タイヤ、ヘッドライト、インジケーター、フルードレベル、バッテリー、フロントガラスのワイパーを点検しましょう。スペアタイヤ、工具、水は必ず携帯してください。長距離移動や遠隔地への移動の場合は、燃料も余分に持っていきましょう。

事前に計画する

到着までの道のりは余裕を持った時間配分を心がけましょう。必要に応じて宿泊を含めた定期的な休憩を入れた旅行を計画し、日差しが強い時間に運転するかどうかも検討しましょう。

定期的な休憩を

疲れを残さないためにも、運転中は2時間ごとに15分程度の休憩を取るようにしましょう。高速道路沿いにある道路案内標識が示す指定休憩所を利用できます。

詳しくは、Road rest stops in NT (ノーザンテリトリーの道路休憩所)をご覧ください。

長距離移動には、十分な食料、燃料、水を準備

推奨される一人当たりの最低限必要な水の量は、1日4~6リットルです。ノーザンテリトリーの人里離れた地域にドライブする場合は、十分な食料、水、燃料を確保してください。故障した場合は、車から離れないでください。救助の到着は、特に夜には何時間もかかる場合があります。

全員が十分な休憩を

気温が高い中での長距離運転に慣れていないと、疲労しやすくなる場合があります。停車して休憩するときは、散歩したり、水を飲んだりして、できれば運転手の交代を検討してみましょう。

ドライバーはアルコールや薬物の影響を受けていますか?

運転前や運転中に飲酒したり、薬物を服用したりすると、深刻な結果を招く可能性があります。運転者(仮免許を含まない)の法定血中アルコール濃度は0.05%です。飲酒運転や薬物運転で捕まったドライバーには厳しい罰則があります。

レンタカー契約と運転制限

レンタカー会社によっては、レンタカーを運転できる場所に制限を設けている場合があるので、出発前に確認しておきましょう。舗装されていない道路の運転やクリークを横断するドライブには、四輪駆動車(4WD)をレンタルする必要があるかもしれません。

重要な免許証情報

オーストラリアでは、すべての交通法規を遵守し、免許証を常に携帯しなければなりません。ノーザンテリトリーで有効な海外免許証を持っていれば、最長3ヶ月間運転することができます。

3ヶ月以上12ヶ月未満滞在する場合は、MVR Office(車両登録オフィス)を通じて運転免許証の免除を申請することができます。申請はケースバイケースで審査され、その他の条件が適用される場合があります。

免許証が英語でなく、運転することが許可されている車の種類が認識できない場合は、国際運転許可証を携帯する必要があります。詳細は、AANT(ノーザンテリトリー自動車協会)をご覧ください。

Driver licences(運転免許証)で、免許証に関する詳細が確認できます。

主要なセンターと休憩所

長距離運転は疲労の原因になります。休憩時間の計画を立てましょう。

こちらの地図には、休憩所の場所、Northern Territory(ノーザンテリトリー)の国道や主要な高速道路にある町やコミュニティが表示されています。すべてのコミュニティが含まれているわけではありません。

休憩所とトラック駐車場

休憩所は主要道路にあり、ドライバーが疲れたときに車を停めて休めるようになっています。

一部の休憩所は連結トレーラー専用となっており、自動車、キャラバン、モーターホームなどは緊急時以外は使用できません。指定された駐車場は、大型車両の運転者が停車して休憩を取り、運転のニーズに対処することができます。

詳しくは、Road rest stops in the NT(ノーザンテリトリーの道路休憩所)をご覧ください。


所要時間の目安 目的地までのドライブ時間を把握しましょう。

運転所要時間表のダウンロード

車両

車両の安全性チェック

車が良好な状態で、点検を受けていることを確認してください。

旅行の前に以下を確認してください。

  • ライト、ホーン、ワイパー、ワッシャー
  • 必要に応じてフルード類の補充 ( 冷却水、ブレーキ液、ラジエータ、バッテリー液 )
  • スペアタイヤを含むタイヤの空気圧
  • すべてのシートベルトの確認
  • 車両総重量の限度を超えていない
  • 車両登録が最新で、旅行期間中も有効である。

都市部以外の地域では、フルード類のレベルとタイヤの点検を毎日行うことをおすすめします。詳しくは、車のマニュアルを参照してください。

燃料

車の燃料は常に満タンにしておきましょう。遠隔地の燃料に頼らないようにしましょう。

遠隔地をドライブする場合は、事前に計画を立て、十分な食料や燃料を準備してください。ノーザンテリトリーの遠隔地を旅行する場合は、長距離燃料タンクを搭載した車両を使用し、燃料を多めに確保しましょう。

遠隔地のサービスステーションでは、営業時間が制限されていたり、銀行の設備が限られていたりします。燃料の値段は様々なので、ルート上の給油所がどこにあるかを確認しておきましょう。

けん引

キャラバンやボートトレーラーを含む、正しくない方法でのけん引は、横転や衝突の原因となります。

トレーラーの積載量がメーカー指定の制限内であること、積載量が適切に配分され安全であることを確認してください。荷重質量の大部分はトレーラーの車軸グループの前部にあり、けん引車両はトレーラーよりも重いことが望ましいです。

カップリングとは、トレーラーと車両を連結するリンクのことです。トウバーに正しく接続され、適切な安全チェーンとシャックルで所定の位置にロックされていることを確認してください。

トレーラーをレンタルする場合は、レンタル会社に上記の正しいけん引方法を教えてもらいましょう。

車両とトレーラーの長さが7.5メートルを超える場合は、他の長い車両の後ろで60メートル以上の距離を確保しなければなりません。定期的に背後で交通量が増えていないか確認しましょう。渋滞が起きている場合は、安全な時を見計らって路肩に停車し、先に通過してもらってください。

加速や減速に余裕を持たせ、駐車時にはトレーラーの旋回や位置決めに余裕を持たせてください。

トレーラーや積載量を確認するために、定期的な休憩を検討してください。

アウトバックの中には未開通の道路もあり、ハイクリアランスの四輪駆動車でなければアクセスできないため、トレーラーのけん引はおすすめできない場合があります。

詳しくは、NT Road Users Handbook(ノーザンテリトリー道路利用者ハンドブック)をご覧ください。

路上

安全な旅のコツ

オーストラリアでは、車両は道路の左側を走行します。以下に、道路上での安全運転のための重要な交通ルールと安全運転のヒントをご紹介します。

常にシートベルトを着用する

シートベルトがあれば、事故に巻き込まれたり、急に止まったりしても、命を救えたり、大怪我を防ぐことができます。運転手は、車内の全員がシートベルトを着用していることを確認する責任があり、そうでない場合は罰則が科されます。

7歳未満の子供は、適切なチャイルドシートまたはブースターシートを着用しなければなりません。

疲労

あくびをしたり、疲れたり、視界がぼやけたりしていませんか? もしそうならば、車を停めて休憩するか、他の人に運転を代わってもらいましょう。

ドライバーの疲労は、判断力、反応時間、車両制御能力に影響を与えます。ドライバーの疲れを残さないためにも、出発前には十分な睡眠時間を確保し、2時間ごとに15分の休憩を取るようにしましょう。

一般的な道路法規

運転中は常に以下の規則に従ってください。

  • 道路の左側を走る
  • シートベルトを着用する
  • 信号のない交差点では右側から来る車に道を譲る
  • 交通標識、信号、道路標示を守る
  • 制限速度を守る
  • 一時停止標識では完全に停止する
  • 信号機では、標識がない限りUターンしない
  • 詳しくは、Road Rules in the NT(ノーザンテリトリーにおける道路法規)をご覧ください。

他の道路利用者

他の道路利用者(歩行者、自転車、オートバイを含む)を尊重し、合流や車線変更の前にミラーや死角を確認してください。

自転車の側方を通過するときは、制限速度が時速60km以下の場合は1メートル以上、60kmを超える場合は1.5メートル以上の間隔を空けなければなりません。自転車利用者には自動車ドライバーと同じ権利と責任があり、ノーザンテリトリーの道路を2列に並んで走ることが法的に認められています。

連結トレーラーの追い越し

連結トレーラーはノーザンテリトリーでは一般的で、最高3台のトレーラーを連結し、長さ50m以上、幅2.5m以上のものもあります。連結トレーラーを追い越すには、時速100kmで走行している場合、最大2.5kmかかることもあります。追い越しする際は、道路が少なくとも1km先まで見通せる必要があります。連結トレーラーは左右にうねる可能性があるので、追い越す場合は十分な側方間隔を確保してください。

連結トレーラーに追い越される場合は、走行スピードを保ち、道路から離れず、連結トレーラーに追い越されてからのみ減速してください。

片側1車線の道路や舗装されていない道路で対向車に接近する場合は、速度を落として徐々に道路から離れ、道路に戻ることができるようになるまで路肩に沿ってゆっくりと走行してください。

道路の冠水と大雨

雨期(11月~4月)は大雨が予想され、道路が冠水する場合があります。冠水した道路に遭遇した場合は、横断しようとせず、水が引いて車両の水深(ご利用の車の取扱説明書を参照してください)よりも浅くなるまで待ちましょう。

洪水した道路は水流が強いので決して渡ろうとせず、水面下は見えなくても路面が損傷している可能性があることを念頭においてください。迷ったら、別のルートを見つけて安全に目的地に向かいましょう。

大雨では、道路は見えにくくなり、いつもより滑りやすくなっているために停止しづらくなります。速度を落として車間距離を空けるか、道路脇に車を寄せて停車してください。他の人からよく見えるようにヘッドライトを点けておきましょう。

道路状況は、www.roadreport.nt.gov.auまたは電話 1800 246 199で確認してください。

ワニに注意!

塩水ワニに遭遇する危険性が高いので、洪水の中に入ったり、水辺に近づかないようにしてください。

踏切

踏切では常に電車が通ることを想定してください。電車は急停止することができず、車両や歩行者よりも優先通行権があります。すべての標識や信号に従うことを忘れずに、夜間は特に注意し、線路を横断する前に踏切をはさんだ反対側に十分なスペースがあることを確認してください。

写真撮影

写真を撮るためや休憩するために停止したい場合は、路上で停止しないようにしましょう。車は道路から離れた、ご自身や他の交通機関に危険を及ぼさない場所に駐車してください。

道に迷ったり、車が故障した場合は、常に車から離れないでください。

人よりも車の方が見つけやすいからです。車を道路脇に寄せ、ハザードランプ(またはその他の装置)を点灯させて、他のドライバーに注意を促しましょう。

ノーザンテリトリーでは、気温が極端に高くなることがあるので、日陰やシェルターの下にいることが重要になります。

制限速度とスクールゾーン

ノーザンテリトリーでは速度制限が設けられており、違反したドライバーには罰金と減点の両方が科されます。ノーザンテリトリー全域にスピードカメラや赤信号カメラが設置されています。

速度制限は明確に標示されており、常に遵守しなければなりません。整備された地域での制限速度は、特に標識が掲示されていない限り、時速50kmまたは60kmのいずれかとなります。公道での制限速度は、特に標識がない限り時速110kmです。Stuart Highway(スチュアート・ハイウェイ)、Barkly Highway(バークリー・ハイウェイ)、Victoria Highway(ビクトリア・ハイウェイ)Arnhem Highway(アーネム・ハイウェイ)の最高速度は時速130kmです。

学校の近くの道路では低い制限速度が設定されており(通常は時速40km)、標識に表示されている時間帯の通学日に適用されます。これらの速度制限に注意して、表示されている速度まで減速する必要があります。

道路や運転時の天候に合わせた速度で運転してください。運転している車に慣れていない場合は、危険を察知して安全に停止できるように、ゆっくりとしたスピードで運転するようにしましょう。

運転中の携帯電話の使用

ノーザンテリトリーでは、運転中の携帯電話や視覚表示装置(VDU)の使用は違法です。罰則が適用されます。注意力が散漫になると、運転に集中できず、速度や距離の判断が難しくなり、反応速度が遅くなることがあります。

注意:携帯電話のエリアカバー率を確認しましょう。ノーザンテリトリー内の一部の地域では、衛星電話の使用が必要な場合があります。

路上や路上近くの動物

ノーザンテリトリーの多くの道路には柵がありません。つまり、道中でカンガルー、牛、馬、ラクダ、鳥などの動物に遭遇する可能性があります。動物は日の出、日の入り、夜間に最も活発に活動します。

事故の原因となりますので、運転中に絶対に急ハンドルを切らないでください。速度を落としてクラクションを鳴らしてください。道路脇を走行する場合は、過度に脇に寄ったり急ブレーキをかけないようにしましょう。安全な速度で、他の車が走っていないときに道路に戻ってください。

可能な場合は日中の旅を

明け方や夕暮れ時を含めた夜間は、道路の視界が制限される可能性があります。夜間はヘッドライトの見える範囲で運転し、歩行者や動物に注意してください。

山火事の煙や火事の影響を受けた地域のドライブ

煙により道路の視認性が低下します。車を運転する際には、十分注意を払い、ヘッドライトを点灯し、適切な速度で走行しましょう。煙が濃い場合は、煙が晴れるまで窓を閉めてエアコンを切ってください。

Bushfire advice and alerts(山火事に関するアドバイスと警告)を確認してください。

一般的な交通標識:

規制標識

これらの道路標識は交通整理するためのものであり、従わなければなりません。ほとんどの標識は長方形ですが、stop(一時停止)give way(ゆずれ)の形状は異なります。

常に道路の左側を走行してください。

いかなる時も、全員がシートベルトを着用する必要があります。

速度を落とし、優先道路のすべての車の走行を優先させるためにいつでも車を停止させる準備をする必要があります。

すべての車を優先させるために車を完全に停止 してください。

警告標識

警告標識は、道路状況の変化や方向性を事前にドライバーに警告します。通常、黄色で形状はひし形です。これらの標識や似たような形をした黄色の標識を見かけたら、速度を落として注意を払って運転してください。

特に夜明けや夕暮れ時には、速度を落として道路上の動物に注意してください。動物の標識はそれぞれ異なります。

道路工事に近づくときは、速度を落としていつでも停止できるようにしましょう。

黄色の警告表示は、道路状況の変化や前方の方向を知らせます。警告表示はそれぞれ異なります。

速度標識

制限速度は赤い丸の中に数字で表示されており、走行可能な最高速度(km/h)を示しています。必ず条件に合わせて安全な速度で運転してください。

円の中の数字は、走行可能な最高速度(km/h)です。

スクールゾーン内では、記載されている時間帯に時速40kmを超えてはいけません。

鉄道標識

踏切には、遮断機のものや、点滅するライトのものがあります。線路を横断する前に、両方の方向を見て、線路上に接近してくる列車に耳を傾け、列車を優先する必要があります。

交差点の信号

交差点に近づくときは、警告灯や信号に従ってください。赤は停止を意味します。停止線の後ろで待機してください。黄色は停止を意味します。急ブレーキで衝突の原因になりそうなほど近くにいる場合にのみ、交差点に進むことができます。青は、交差点を慎重に進むことを意味します。車両や歩行者に道を譲りましょう。

交差点の中には、信号が変わる際に警告する黄色の点滅灯があるところもあります。黄色の警告灯が点滅しているのが見えたら、停止する準備をしましょう。

道路タイプ別の運転のコツ

砂利道や泥道のような未舗装の道路は、四輪駆動車が必要な場合があります。レンタカー会社によっては、このような道路での運転を制限している場合があります。

舗装道路

舗装道路は、すべての車両がスムーズにアクセスでき、標識もしっかりと設置されています。路肩に近づく前に速度を落とし、段差や浮石などに注意してください。

舗装道路は冠水を引き起こす可能性が高く、道路状況が急変することもあるので、道路状況を毎日確認してください。道路状況は、www.roadreport.nt.gov.auまたは電話1800 246 199で確認できます。

未舗装の道路

未舗装の道路は砂利道から泥道まで様々です。二輪駆動車(2WD)はほとんどの砂利道で運転できますが、泥道には四輪駆動車(4WD)が最適です。雨天時の砂利道では、四輪駆動車が必要になる場合があります。

未舗装道路のほこりや湿った天候では、視覚が不明瞭になり、車輪の跡、くぼみ、対向車などが見えない可能性があります。これらの条件で運転するときは速度を落としてください。追い越しの際には注意を払い、ライトを点灯させて他の人からよく見えるようにしてください。

四輪駆動車向け道路

一部の道路は四輪駆動車にしか対応していない場合があり、通常は標識が設置されています。非常に困難で危険な走行状況に遭遇する場合があります。

四輪駆動車は普通車とは扱いが大きく異なりますので、自分の車の特徴をよく知っておくことが大切です。四輪駆動車をレンタルし、今まで運転したことがない場合は、操作方法をよく確認し、付属品をいつ使用するべきかを把握しておきましょう。ルーフラックの積みすぎに注意してください。

行く予定の場所や帰る予定の時間帯は必ず誰かに知らせておきましょう。

緊急の場合

オーストラリアの緊急サービスの電話番号は、000もしくは112(携帯電話が「圏外」の場合)です。

Make 警告と交通誘導で現場を安全にする

Help けが人を助けて落ち着かせる

Don’t 危険でない限り、人を動かさない

便利な連絡先

緊急(警察、消防、救急車):

000 または 112

ノーザンテリトリーの警察、消防、救急サービス(緊急でない場合):

131 444

天気情報

www.bom.gov.au

緊急警報および警告

www.securent.nt.gov.au

山火事に関するアドバイスと警告

www.nt.gov.au/bushfires

道路状況

Road Report NT(ノーザンテリトリー道路情報)

電話:1800 246 199

www.roadreport.nt.gov.au

facebook.com/roadreportnt

道路法規に関する情報

Road Safety NT(ノーザンテリトリー道路安全情報)

電話:1800 720 144

www.roadsafety.nt.gov.au

Darwin International Airport(ダーウィン国際空港)

電話:(08) 8920 1811

www.darwinairport.com.au

Alice Springs Airport(アリススプリングス空港)

電話:(08) 8951 1211

www.alicespringsairport.com.au

Visitor information centres(ビジター情報センター)

https://northernterritory.com/plan/visitor-information-centres