Skip to main content

アルコール飲料の購入および飲酒

Northern Territory(ノーザンテリトリー)でのアルコール飲料の購入や公共の場での飲酒には制限があるのでご注意ください。ただし、酒類販売許可を受けているレストラン、ホテル、クラブには適用されません。

持ち帰り用のアルコール飲料の購入

地域の規制により、酒店の営業時間や一部の商品の販売に制限が設けられている場合があります。Alice Springs(アリススプリングス)、Tennant Creek(テナント・クリーク)、Katherine(キャサリン)を含む一部の地域では、平日は持ち帰り用のアルコール飲料の販売が午後2時まで禁止されており、週末にも販売制限があります。ほとんどの場所で、カスクワイン(箱入りワイン)やフォーティファイドワイン(酒精強化ワイン)、一部の地域ではビールの購入に数量制限があります。ノーザンテリトリーの持ち帰り用アルコール飲料販売店の全リストは www.takeawayalcohol.nt.gov.auをご覧ください。

Banned Drinker Register(禁止飲酒者登録)

Northern Territory(ノーザンテリトリー)内で持ち帰り用のアルコールを購入するには、承認された写真付きのIDが必要です。次のいずれかを提示する必要があります。オーストラリアまたはほとんどの国の国際運転免許証またはパスポート。

詳細については、1800 BDR 226まで電話で問い合わせるか、www.banneddrinkerregister.nt.gov.auをご覧ください。

公共の場での飲酒

Alice Springs(アリススプリングス)、Tennant Creek(テナント・クリーク)、Katherine(キャサリン)、およびDarwin(ダーウィン)の一部の地域では、公共の場での飲酒は禁止されています。Northern Territory(ノーザンテリトリー)全域で、公認の酒類販売店から2km以内での飲酒は禁止されています。

遠隔地のコミュニティでの飲酒

一般的に、遠隔地の先住民コミュニティでは、持ち帰り用のアルコール飲料は許可されていません。一部の地域では、アルコール飲料の購入に許可証が必要な場合もあります。