Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

グレゴリーの木、ティンバークリーク

グレゴリーの木は歴史的および社会的に重要です。

これは、オーストラリア北部、特に1855-56年にオーガスタスチャールズグレゴリーが率いる北オーストラリア遠征の生きた記念碑です。バオバブ(Adansonia gregorii)であるこの木は、1855年10月から1856年7月までのグレゴリーの「塹壕キャンプ」のエリアを示しており、キャンプの到着日と出発日を記した碑文が残っています。

ボアブの種は、遠征の植物学者であり、遠征のリーダーに敬意を表してこの種に名前を付けたオーストラリアで最も優れた植物学者の1人であるフェルディナントフォンミューラーによって最初に説明されました。グレゴリーの木は地元のンガリングマンの人々にとって特別な意味を持っており、聖地として登録されています。