Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

第二次世界大戦の銃の配置ワゲイトビーチ

このサイトは、2つの第二次世界大戦の銃の据え付け品の残骸と、銃の据え付け場所に隣接する小さな制御棟や、少し離れた小さなコンクリート構造物などの関連インフラストラクチャで構成されています。

銃はもはや現存していません。

1941年初頭にダーウィン港の防衛の一部として考案された、ワゲイトバッテリーの6インチ砲の据え付けは、ウェストポイントバッテリーの付属品として計画されました。太平洋での日本人の脅威が最も高く、太平洋での戦争が起こりそうな時期でした。建設は1941年後半に開始されましたが、1942年2月19日の日本の襲撃では、作業が数か月延期されました。