Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

レムナントNo6オイルタンク壁

残りの第二次世界大戦第6石油タンクは、ストークスヒルのふもとにある半円形のコンクリートシェルです。

ダーウィンへの最初の日本の空中攻撃の後に1942年に建てられたこのコンクリートの破片防止壁は、内部の鋼製オイルタンクを榴散弾による損傷から保護するために設計されました。このコンクリートタンクは、防空壕、外灘、石油パイプの周りのコンクリートの破片防止壁など、石油燃料設備の保護対策の一部を形成しましたが、その多くはその後撤去されました。蒸気ポンプハウスのすぐ近くにあるこの残骸の壁は、戦時中の連想を呼び起こし、元の石油燃料設備構成の構成要素として非常に重要な要素です。