Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

ブラウンズマート、ダーウィン

ダーウィンのブラウンズマートは1880年代に建てられたユニークな建物で、街のランドマークとして高く評価されています。

ポルセラナイト石で造られ、トタンの屋根があり、建築的、歴史的、社会的重要性があると考えられています。
建築家JGナイトは、1885年にVL Solomon&Coの新しい施設を設計し、パーマストンで最高の石造りの店であるSolomon’s Emporium(ダーウィンの当時の名前)として知られるようになりました。
1887年から1910年まで、この建物は鉱業取引所として知られており、JAVブラウンとHHアドコックが運営するポートダーウィンの商業代理店が輸入業者、税関、運送業者として運営されていました。独自の建物が建設されている間、1937年にニューサウスウェールズ銀行によってリースされるまで、船会社および競売場としての使用は続きました。
建物は1897年にサイクロンで大きな被害を受けました。第二次世界大戦中に、魚雷の工房に改造されました。戦後、1952年頃まで海軍によって使用されていました。その後、警察、法制局、自動車登録所が収容されました。
建物は1974年にサイクロントレーシーの後に修理され、それ以来コミュニティシアターとして使用されています。