Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

バードウォッチング

モンスーン林、マングローブ林、氾濫原、海岸線など、さまざまな生態系が、さまざまな種類の鳥類を育んでいるのです。

いつ訪問するのか?

バードウォッチングに最適な時期は、5月から12月です。これは、氾濫原やビラボンへのアクセスや、雨季が終わって少し乾くまでの期間を考慮してのことです。

渡り鳥の観察に最適な時期は、3月から4月と8月から10月です。このため、バードウォッチャーはシギ類やチドリ類など渉禽類が立ち寄る潮の引いた海岸を訪れなければなりません。アーネム・ランド・バラムンディ・ネイチャー・ロッジには、このための快適な海上のボートがあります。

ヌルンバイの野鳥

ヌルンバイの町にあるゲーンガル湿地の解説付きウォークは、鳥を見つけるのに理想的な場所です。

このラグーンはアボリジニの文化的に重要な場所であり、200種以上の鳥類が生息しています。

ラグーンを囲む小道には2つの展望台とバードハイドがあり、勇敢なバードウォッチャーにとって忘れられない体験となることでしょう。ノーザンファンテイル、アオハウチワドリ、シロハラハクセキレイ、ハヤブサなどの鳥を観察することができます。

渡り鳥の繁殖

ノーザンテリトリーは、異なる海水塊に隣接する3つの海岸線を持っています。テリトリーには合計398の島があり、これらの島の大部分は4つの大きな群島に含まれています。

アーネム・ランド自体、海岸沖に多数の島が点在しており、海鳥の繁殖に最も重要な渡り鳥の生息地となっているものもある。

ヒギンソン島は、特にヌルンバイの沖合にあり、国際的に重要な数のハシナガアジサシとクロハラアジサシを支えています。その他にも、East Bremer、Veronica、Forlsche Rockなど、重要な繁殖地となっている島があります。

アーネム・ランド・バード・ウィーク

毎年アーネム・ランドでは、アーネム・ランド・バラムンディ・ネイチャー・ロッジでバード・ウィークを開催しています。

バードウォッチングのスペシャリストが、この地域を案内し、ノーザンテリトリーに生息する捕らえにくい鳥や、素晴らしい鳥を見つけることができます。アカハラダカ、ノーザンクレステッドモズ、ゴーディアンフィンチ、チェスナットレールなどを観察することができます。