Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

ペル滑走路での第二次世界大戦ツアー

4RSUは、ダーウィンの南100 km、スチュアートハイウェイ沿い、アデレードリバータウンシップの北10kmに位置する第二次世界大戦の遺産です。

ツアーは、ペル戦時中の滑走路の南端にある宿泊施設の出入り口から始まります。ペル滑走路は16ヘクタールの重要で興味深いランドマークであり、1942年2月19日に日本人がダーウィン空港を機銃掃射したときに殺されたフロイドペル少佐にちなんで名付けられました。
キャンプ内に航空機を運ぶために使用された誘導路に沿って進み、修理と整備のために護岸に沿って配置します。護岸は、雨季の雨に対処するために、平行な二重排水路と深い交差水路を備えた人工道路システムから分岐しています。
ツアーは、よく発達したワークショップステーションと、500人以上の男性を収容したキャンプを示すプロパティ全体のユニークなサイトに進みます。
ツアーは、このキャンプについて書かれた本の知識と、ここで奉仕したサービスマンとのツアーオペレーターの個人的な接触からよく解釈されます。