Hi there, would you like to view this page on our USA site?

The second, 3-roomed building at the site, showing evidence of vandalism and poor restoration techniques.
General view of the original Telegraph Station building, showing badly deteriorating woven bamboo slat screening to verandah and missing sections of low corrugated iron wall to perimeter of  building.
The track into the Powell Creek Telegraph Station site is poorly marked and difficult to discern in places, following recent  rains

パウエルクリーク電信局

パウエルクリーク電信局は、ポートオーガスタからダーウィンまでの約3000 kmの陸上電信線を建設し、オーストラリアの他の地域からの孤立が終焉を迎えたという驚くべき偉業をはっきりと思い出させるものであるため、全国的にもノーザンテリトリーにとっても非常に重要です。

世界。

このサイトには、3つの建物、墓、電柱の列、アーティファクトの散乱、井戸など、多くの機能が含まれています。 1875年から1884年の間に建設された本館には、寄棟屋根があり、建物の西側にある独立した沐浴ブロックを備えた部分的に囲まれたベランダに囲まれた4つの部屋の中央コアがあります。 1884年以前は、元の駅舎の第2棟が失われたか取り壊され、現在の建物がそれに置き換わっていました。 2番目のウィングは3部屋のランダムな瓦礫構造で、スキルルーフが石とスタッドの壁で拡張され、さらに3つの部屋が作成されています。ベランダは建物の東側にあります。最終的な建物は、3部屋のランダムな瓦礫構造で構成され、波形の亜鉛メッキされた鉄の切妻屋根と、後日追加された西側と東側のベランダがあります。

お得な旅行プラン