Skip to main content

飛行機でのアクセス

ノーザンテリトリーへの国内線は、カンタス航空、ヴァージン・オーストラリア、タイガーエアー、ジェットスター航空が運航しています。

ノーザンテリトリーへの国内線、および国際線の利用はスムーズです。北部のダーウィン、そしてRed Centre(レッドセンター)のアリス・スプリングスとUluru(ウルル)には、近代的で設備の整った空港があります。ノーザンテリトリーには、国外および国内の主要な航空会社が乗り入れており、世界各地どこからでもスムーズにノーザンテリトリーの目的地に行くことができます。ノーザンテリトリーへの空の旅のピークシーズンは、6月から8月です。この期間の旅行は、かなり前もって予約することをお勧めします。

国際線の旅

ダーウィン国際空港は、オーストラリアへの主要玄関口として、ヨーロッパ、北米、アジアとの間を国際線フライトで結びスムーズなアクセスを提供します。イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダからの長距離路線は、国際線を持つ航空会社が運航しています。ダーウィンは地理的にアジアに近いため、ダーウィンからシンガポール、マレーシア、インドネシア、東ティモール、日本、中国、香港の目的地へ簡単に行くことができます。ダーウィンとバリ間、ダーウィンとシンガポール間の短距離路線は、特に格安航空会社もあり、ますます人気が高まっています。ダーウィン空港は比較的小さいため、国内線への乗り継ぎがスムーズです。

オーストラリアに到着するすべての乗客は、現地の入国管理、税関、検疫の規制を遵守する必要があります。

国内線の旅

国内の各都市からノーザンテリトリーへは簡単にアクセスできます。東部州、南オーストラリア州、西オーストラリア州の首都からは主要な国内航空会社が運航しており、国内の近距離路線は地域航空会社が運航しています。ノーザンテリトリーの主要空港は、Top End(トップエンド)とCentral Australia(中央オーストラリア)の目的地から近い所に位置しています。ウルルからわずか数キロのところに着陸し、また、これら3か所を結ぶ定期便もあります。Gove(ゴーブ)やManingrida(マニングリーダ)などノーザンテリトリーの地方都市には、エアノースが乗り入れています。

エアパスオプション