Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

第二次世界大戦マンブルー飛行場オペレーションセンターと食肉処理場

第二次世界大戦のマンブルー飛行場オペレーションセンターと食肉処理場の境内は、どちらも1942年に建設され、キャサリンの西約14 kmにあるビクトリアハイウェイに隣接しており、戦時中の飛行場制御および通信センターと生鮮食品の加工および供給のまれで比較的無傷の例です。

ベース。両方のサイトは、第二次世界大戦中に南西太平洋地域に侵入した日本人を追い返す連合軍のキャンペーンで重要な役割を果たしました。

この場所には、マンブルーホームステッドと第二次世界大戦の水タンク、古い第二次世界大戦の食肉処理場の残骸、第二次世界大戦のマンブルー飛行場オペレーションセンターが含まれています。ホームステッドはc1917に設立され、近くのスプリングベール駅から切除されました。ホームステッドの建物はc1920年代に建てられました。元の家屋敷は全焼し、1950年代に新しい家屋敷が建設されました。陸軍は第二次世界大戦中に敷地を占領し、敷地内に重要な木骨造の水タンクスタンドを建設しました。

お得な旅行プラン