Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Tripod and interpretative panel on the eastern bank

フライングフォックスデーリーウォーターズ

デイリーウォーターズクリーク上空でまだ稼働しているオオコウモリは、1930年代後半から1940年代初頭の雨季におけるデイリーウォーターズエアロドロームの運用の重要な要素でした。

1946年に小川に架かる橋が建設される前は、オオコウモリは飛行場と町の間の輸送と通信の両方に不可欠なリンクを提供していました。また、過酷な環境に打ち勝つというアウトバックの先駆者たちの決意の表れとしても重要です。

お得な旅行プラン