Skip to main content

カカドゥで釣りを楽しむ

カカドゥ国立公園のビラボンから、広大なアーネムランドの海岸線まで、バラマンディやサラトガ釣りにぴったりのスポットを見つけましょう。

カカドゥ国立公園には、地球上で最も多様な自然生態系の1つがあります。アボリジニ文化の豊かな伝統が息づくこの場所は、素晴らしい釣り場をはじめ、すべてのビジターにお楽しみいただけます。

公園内では、サウス・アリゲーター川およびイースト・アリゲーター川の感潮区間へ、舗装道路やコンクリートのボート進水路から簡単にアクセスできます。カカドゥの氾濫原には何十もの手つかずのビラボンがあり、そのほとんどでバラマンディやサラトガが釣れます。

ダーウィンから東に約200kmのところにあるサウス・アリゲーター川は、トップエンドでバラマンディが最もよく釣れる川の1つです。通年アクセス可能で、熱帯の夏と終わりかけの数か月は、バラマンディが最も繁殖する時期です。他の時期は、Field Island(フィールド島)やBarron Island(バロン島)の川の河口で、ブラック・ジューフィッシュやゴールデンスナッパーのリーフフィッシングが楽しめます。

イースト・アリゲーター川はここからさらに車で東に1時間ほど走ったところ、カカドゥとアーネムランドの境にあります。ここも素晴らしいバラマンディ釣りが楽しめる川で、有名なCahill’s Crossing(カーヒルズ・クロッシング)を境に感潮区間と淡水区間に分かれています。

公園内での商業漁業は禁止されており、娯楽の釣りにはノーザンテリトリーでのボートに関する規定が適用されます。また、生き餌の使用は認められていません。タモ以外の仕掛け、トラップ、ネットの使用も禁止されており、カカドゥの水路から50メートル以内の場所で魚のはらわたを取ったりさばいたりすることはできません。カカドゥではカニを捕獲してはなりません。

公園内の宿泊施設には、ホテル、ロッジ、オートキャンプ場、キャンプ場があり、ジャビルタウンシップ内のサービスや施設を利用できます。カカドゥには、ライセンスを保持したプロの釣りガイドが数名います。レンタルボートもご利用いただけます。詳細情報は、Arnhem Highway(アーネム・ハイウェイ)とKakadu Highway(カカドゥ・ハイウェイ)の交差点近くにあるBowali visitor centre(ボワリ・ビジターセンター)で入手できます。

カカドゥ周辺での釣り

Be Crocwise
Be Crocwise on the water
To find our how to be Crocwise while fishing and boating, download our handy PDF guide.

Download PDF guide