Skip to main content

テナント・クリークとバークリー地域 3日間の旅行日程

エクスプローラーズ・ウェイ(Explorers Way)を探索して、オーストラリアの「ハート・オブ・ゴールド」、テナント・クリークへ向かいましょう。歴史と文化が豊かなこの町には、たくさんの見どころがあります。

3日間で、地元アボリジナルのアーティストと出会い、工芸について学び、馬に乗って地域を探索し、大陸縦断電信線(Overland Telegraph Line)のコースに沿ってデビルズ・マーブルズの太古の岩層を巡ります。

Day 1

南回帰線マークでセルフィーを撮る

早起きして車に荷物を詰め込んで、中央オーストラリアの素晴らしいアドベンチャーに出かけましょう。北へ向かう途中で最初に立ち寄るのは、アリススプリングスから北へわずか30kmのところにある南回帰線です。アリススプリングスの地元の男性がオーストラリア建国200年の記念にデザインしたユニークなマークの隣で写真を撮るのをお忘れなく。

オーストラリアの中心への旅

再び車を走らせ、北へ進むと美しい砂漠の景色が広がります。約1時間50分で、次の休憩地点のセントラル・マウント・スチュアート歴史保護区(Central Mount Stuart Historical Reserve)に到着します。しばらく休憩し、足を伸ばしましょう。今あなたはオーストラリアのど真ん中に立っているのです!John McDouall Stuartによるオーストラリア中心の発見を記念する歴史的保護区を訪れてみてください。

宇宙人の物語を聞く

ウィクリフ・ウェル(Wycliffe Well)へ向かいましょう。ユニークなアウトバックの町で、休憩するのにぴったりです。何百ものUFO目撃情報が報告され、オーストラリアのUFOの首都として知られるこの地で、空を見つめ、珍しいものを見つけられるかどうか確かめてみましょう。ロードハウスでくつろいだり、軽食を楽しんだりしながら、お店の壁に貼られている超常現象の目撃情報や、多くの訪問者がその遭遇について書き込んでいるウィクリフ・ウェル(Wycliffe Well)のゲストブックを一読してみてください。お土産を買うのに最適な場所です。

デビルズ・マーブルズ・ホテル(Devils Marbles Hotel)にチェックイン

今夜の宿泊先であるデビルズ・マーブルズ・ホテル(Devils Marbles Hotel)まで車を走らせましょう。この日の午後は、ホテルのビアガーデンでのんびり過ごしたり、プールでひと泳ぎしたりしてクールダウンしましょう。デビルズ・マーブルズ・ホテル(Devils Marbles Hotel)には、モーテルスタイルの客室からキャラバンやキャンプ場まで、さまざまな宿泊施設が揃っています。

デビルズ・マーブルズのサンセットを楽しむ

日没直前にカール・カール/デビルズ・マーブルズ保護保護区(Karlu Karlu/Devils Marbles Conservation Reserve)に向かい、中央オーストラリアの神秘的な巨岩に沈む夕陽を眺めましょう。これらの古代の岩石層は、あたかも空から落下し、重力に逆らっているかのように見えます。アボリジナルの人々にとって大きな意味を持ち、多くのドリームタイムストーリーのテーマとなっています。

ディナーとナイトキャップでリラックス

夜はデビルズ・マーブルズ・ホテル(Devils Marbles Hotel)に戻り、レストランでお食事をお楽しみください。ワインセラーをチェックして、寝る前にナイトキャップを楽しみましょう。

Day 2

テナント・クリークへ出発

出発前に、美味しい朝食をお召し上がりください。テナント・クリークは車でわずか1時間あまりの距離にあります。テナント・クリークは、豊かな金鉱と牛の放牧の歴史を持ち、強力なアボリジナル文化によって形作られてきました。オーストラリアの本物のアウトバックを真に象徴する街です。中央オーストラリアの街について学ぶのはもとより、見どころやアクティビティもたくさんあります。

ゴールドラッシュの時代にタイムスリップ

運がいいと思うなら、バッテリーヒル・マイニング・センター(Battery Hill Mining Centre)へ行きましょう。金を掘り起こせたら、それはあなたのものです。1930年代のアウトバックのゴールドラッシュについて学びましょう。当時のテナント・クリークの生活を垣間見ることができます。

ワールドクラスの鉱物の展示や、博物館の「Freedom, Fortitude and Flies(自由、不屈の精神、そして飛翔)」の展示を見学しましょう。当時のゴールドフィールドの社会生活を見ることができます。地下採掘ツアーに参加して、実際に機械が稼働している様子や、完全に復元されて作動する金搗鉱機を見学しましょう。また、ボレラ・エキシビション(Borella Exhibit)では、ノーザンテリトリー唯一のビクトリア十字勲章受賞者、Albert Borellaのストーリーを知ることもできます。

湖畔でランチ

今日は人気の人工湖、ティンクカリ(Tingkkarli)湖/(メアリー・アン湖)でのんびりとランチを楽しみましょう。テナント・クリークから5km北にあるこの場所は、水泳やカヌーに最適な涼しいオアシスです。活動的な気分なら、湖周辺の散歩道をチェックしてみましょう。そのうちの1つは、美しいハネムーン山脈(Honeymoon Ranges)を通り抜けるコースです。

歴史的なテレグラフ・ステーション(Telegraph Station)までドライブ

テナント・クリークのテレグラフ・ステーション(Telegraph Station)に向かう前に、地元のベーカリーやカフェで朝食をお楽しみください。この歴史的な建物は、1800年代後半に大陸縦断電信線(Overland Telegraph Line)が建設された際に重要な役割を果たし、保線工や旅行者に過酷な環境からの避難場所を提供しました。歴史的建造物の中を散策したいという方は、バッテリーヒル・マイニング・センター(Battery Hill Mining Centre)で鍵をもらってください。

今夜の滞在先と夕食を選ぶ

宿泊施設にチェックインし、夜はゆっくりとおくつろぎください。モーテルスタイルの客室、キャビン、キャラバンパークなど、宿泊施設の選択肢も充実しています。

ディナーには、おいしいアジア料理メニュー、ピザ、地元の人々と集まるスポーティーズ(Sporties)やメモ・クラブ(Memo Clubs)、あるいは星空の下でバーベキューを調理するなど、様々なオプションがあります。

Day 3

地元アボリジナルのアートと文化に浸る

午後は、ニンカ・ニュニュ・アート&カルチャー・センター(Nyinkka Nyunyu Art & Culture Centre)を訪れて、地元アボリジナルのアートと文化に浸りましょう。ここでは、ブッシュ・タッカーや伝統的な薬、そしてテナント・クリーク地域のアボリジナルの生活や歴史について学ぶことができます。主なハイライトの1つは、オーディオツアーです。このツアーでは、乾燥地帯の庭園を巡り、アボリジナルの目を通して植物や地形をご紹介します。ツアーの最後に、美味しい料理とコーヒーで有名なセンター内のカフェでアフタヌーンティーをお楽しみください。地元のアート、工芸品、その他のお土産は売店で販売しています。中央オーストラリアのお土産に持ち帰ってみましょう。

インナーランチャーを呼び覚ます

内なるジラルーやジャカルーと向き合い、ケリーズ・ランチ(Kelly’s Ranch)で冒険心あふれる乗馬を楽しみましょう。インストラクター兼ガイドは、経験豊富な牧畜業者で、地元のウォーウマング(Warumungu)のオーナー、Jerry Kelly(ジェリー・ケリー)です。1時間の乗馬レッスンに申し込むか、2時間半のトレイルライドに参加しましょう。ビリーティーを飲みながら、オーナーが語る牧夫の生活の物語に耳を傾けましょう。乗馬経験は必要なく、誰もが素晴らしい時間を過ごすことができます。

夕暮れ時のピクニック

午後は、ピクニック・ディナーに出かけたり、北の‬クンジャラ/ザ・ペブルズ(Kunjarra/The Pebbles)へ向かい、神秘的な花崗岩の上に沈む夕日をお楽しみください。カール・カール(Karru Karru)/デビルズ・マーブルズの小さな親戚としても知られるこの場所は、ワルムムグ族の人々のために女性たちのダンスと癒しの儀式が行われる聖地です。日没とともに変化する岩の色は、一見の価値ありです。太陽が地平線に沈むにつれて、輝く赤とオレンジから深い紫と灰色に変わる様子を見ることができます。

シェアする

テナントクリークとバークリー地域の旅行プランをダウンロード