Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Explosive Store from exterior.
Explosive Store – front entrance.
Interior of Explosive Store with interpretive display.

第二次世界大戦RAAF爆発物保管エリア、ダーウィン

チャールズダーウィン国立公園には、保護された鳥の種、貝塚、マウンド、軍事活動に関連する歴史的建造物など、豊かな自然と文化の資源があります。

第二次世界大戦にさかのぼる歴史的建造物の存在と、インドネシアとマレーシアの対立およびベトナム戦争に関連する活動は、オーストラリアの北部防衛に対するダーウィンの継続的な重要性を思い起こさせます。

この境内には、第二次世界大戦に向けて北部に防衛施設が建設された際に建設された半埋設鋼製シェルター、戦後の急速に変化する技術に対応するために開発されたプルーフテストおよびサービス施設が含まれます。対立やベトナム戦争を含む一連の国際事件。

爆発物保管エリアの戦前の建物の場所は戦略的であり、場所とそのカモフラージュの両方の有効性により、戦時中の46の記録された敵の襲撃を通して効果的に機能することが保証されました。 5号館は、1943年6月20日の襲撃中にほぼ確実に、敵の行動の結果として被害を受けたことが知られている唯一のArmcoシェルターです。

  • Information

    開店時間

    Daily from 8am - 7pm

    入場コスト

    入場料無料

    設備

    • 駐車場
    • インタープリティブセンター
    • 展望台
    • ピクニックエリア
    • 公衆便所
    • ブロードバンドインターネット接続
    • 有料の無線LAN

    アクティビティ

    • バードウォッチング
    • サイクリング
    • あるきます

    アクセス

    Caters for people with sufficient mobility to climb a few steps but who would benefit from fixtures to aid balance. (This includes people using walking frames and mobility aids) Caters for people who use a wheelchair. Caters for people with high support needs who travel with a support person. Caters for people who are deaf or have hearing loss. Caters for people who are blind or have vision loss.

  • Map

    Map

    What’s nearby

    What’s nearby

    Explore the NT
    Driving routes Flight paths

お得な旅行プラン