Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Front entrance of Church showing original cross above the door
Louvres on the side of the building create excellent ventilation
A fine example of economical tropical designed building

セント バーバラ カトリック教会

1954 年に建てられたセント バーバラ カトリック教会は、歴史的にラム ジャングルのウラン採掘産業と関係があるという点で重要です。

1940 年代のオーストラリア空軍礼拝堂の跡地に建てられたこの教会は、英国の会社 George Wimpey and Co. Pty. Ltd. によって Rum Jungle で雇用されたアイルランドの鉱山労働者によって建設されました。

教会は、元の特徴と構造の多くを保持し、経済的な設計原則を示しています。教会の壁の建設に使用される方法と材料 (リサイクルされた木材とプレハブ鋼) は、ユニークで建築的に重要です。

聖バーバラ教会は、建築家、建設業者、大工、建設労働者、爆発物労働者、地質学者、鉱山労働者など、ラム ジャングル ウラン プロジェクトに携わったすべての人々の守護聖人にちなんで名付けられました。 St. Barbara は、爆発や地雷の崩壊からも保護します。教会は、バチェラーとその周辺の過去と現在のコミュニティへの礼拝の提供を表しています。

  • Information

    設備

    • 有料の無線LAN

    アクセス

    Caters for people with sufficient mobility to climb a few steps but who would benefit from fixtures to aid balance. (This includes people using walking frames and mobility aids) Caters for people who are deaf or have hearing loss. Caters for people who are blind or have vision loss.

  • Map

    Map

    What’s nearby

    What’s nearby

    Explore the NT
    Driving routes Flight paths

お得な旅行プラン