Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

チャールズダーウィン国立公園

ダーウィンのフランシスベイに位置するチャールズダーウィン国立公園は、オーストラリアで最も重要な湿地の1つ、重要な森林地帯、地元の先住民と第二次世界大戦の歴史を保護しています。

公園のウォーキングトラックやマウンテンバイクトラックの広範なネットワークを探索してください。日陰のピクニックエリアでバーベキューを楽しんだ後は、ダーウィンハーバーとその湿地帯の素晴らしい景色を望む展望台に向かいましょう。

第二次世界大戦中、この地域はオーストラリアの防衛の最前線を形成した軍事施設のネットワークの一部でした。今日では、1944年に建設され、1980年代半ばまで使用されていた歴史的な弾薬貯蔵庫と試験場を見ることができます。第二次世界大戦の記念品の魅力的な展示を探索し、これらの掩蔽壕の1つを訪れている間、太平洋戦争におけるダーウィンの役割について学びます。

パークエリアにも長い先住民の歴史があります。この地域の貝塚は、アボリジニの人々が何千年もの間この地域に住んでいたことを示しています。ダーウィン港の湿地は大きく多様な生態系であり、ノーザンテリトリーの51種のマングローブのうち36種が入り江、島、湾のシステムで保護されています。