Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

ロスリバーホームステッド

石造りの建物には瓦礫構造の壁があり、西端には大きな石造りの調理用暖炉があります。

3つのメインルームを含む建物は、もともと1部屋の小屋として建てられました。以前の端壁は、現在のルーフラインの中央部分にまだ表示されています。床は敷石でできており、コンクリートが塗られています。メインルームには天井がありません。ルーフフレームはブッシュタイマーです。屋根は再シート化され、北のベランダが囲まれています。家屋敷の歴史的および建築的完全性は、最近の追加によって低下しています。ただし、主要な石の瓦礫の壁のセクションは基本的に変更されていません。建物は現在、営利企業の中心点を形成しています。