Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

ノーザンテリトリーの夏を過ごす50ドル以下のお得情報50選

なぜなら、人生で最高のものは(ほぼ)無料なのです。

トップエンド

1. セーリングクラブで雨宿りして、夕立を眺める

Darwin Sailing Club(ダーウィン・セーリング・クラブ)では、Fannie Bay(ファニー湾)の素晴らしい眺望を満喫できます。このクラブは、夕日を眺めながらの一杯に理想的なスポット。ビストロのブランチ、ランチ、ディナーの充実したメニューにつられて、ついつい長居してしまうこと間違いなしです。

2. Stokes Hill Wharf(ストークスヒル・ワーフ)とウォーターフロント周辺の早朝散策

Wharf Oneのレストランやショップが軒を連ねるラグーンのそばを散策したり、釣りやフィッシュ&チップスの人気スポットで、ハーバー・クルーズの出発地点でもあるStokes Hill Wharf(ストークスヒル・ワーフ)まで足を延ばしたりするのもよいでしょう。

3. Mindil Beach(ミンディル・ビーチ)の夕日

Mindil Beach(ミンディル・ビーチ)のトロピカルな夜風に吹かれながら、ダーウィンの象徴的な夕日を楽しむことができます。

4. ダーウィンのウォーターフロントにある波のプールでボディサーフィン

ダーウィンで最もクールなウォーターフロントのアトラクション、Wave Pool(ウェーブ・プール)で波をキャッチ。お子様連れで、泳いだり、浮き輪で遊んだり、リラックスしたりして楽しい1日を過ごせる、ファミリーに最適の場所です。

5. ウォーターフロントのレクリエーション・ラグーンで泳ぐ

ダーウィンの最も安全なビーチ、Darwin Waterfront(ダーウィン・ウォーターフロント)で、海水ラグーンに飛び込んだり、木々の下でのんびりくつろいだりしましょう。

6. Four Birds Caféでの朝食

美味しいメニューと最高のコーヒーが自慢の隠れた名店です。Four Birds Caféでは、くつろいだ雰囲気と個性的なスタイルを満喫できます。

7. Crocosaurus Cove(クロコザウルス・コーブ)

オーストラリアの象徴的で魅力的なイリエワニを間近で見るなら、Crocosaurus Cove(クロコザウルス・コーブ)へ。世界最大級のワニをはじめ、トップエンドに生息する70種の爬虫類を展示しています。

8. Alley Cats Patisserieで町一番のペストリーを味わう

Alley Catsは、ダーウィン中心業務地区(CBD)にあるアルチザン・パティスリーで、オーガニックのサワードウブレッド、クロワッサン、デニッシュ、ペストリー、伝統的なお菓子などのおいしいスイーツを専門に扱っています。

9. 第二次世界大戦中の石油貯蔵トンネル

第二次世界大戦中に建設され、現在は戦時中の写真の数々が展示されているDarwin Waterfront Precinct(ダーウィン・ウォーターフロント地区)近くの石油貯蔵トンネルは、ガイドの案内で見学することができます。

10. Cullen Bay(カレンベイ)のLola’s Pergolaのピザ

人気のCullen Bay(カレンベイ)を見下ろす、ダーウィンで最もファンキーな新しいバー、Lola’s Pergolaを訪れてみましょう。

11. Museum and Art Gallery of the Northern Territory(ノーザンテリトリー博物美術館)

ダーウィン・ハーバーのBullocky Point(ブロッキー・ポイント)のトロピカル・ガーデンにあるMuseum and Art Gallery of the Northern Territory(ノーザンテリトリー博物美術館)では、この地域のアート、歴史、文化について知ることができます。

12. Sea Darwin(シー・ダーウィン)の1時間のハーバー・クルーズ

Sea Darwin(シー・ダーウィン)のHarbour Highlights(ハーバー・ハイライツ)クルーズは、ダーウィン・ハーバーを巡る1時間のインタラクティブ・クルーズです。クルーズはStokes Hill Wharf(ストークスヒル・ワーフ)を出発し、ダーウィン・ハーバーのユニークな生息環境、歴史、魅力を紹介します。

13. ダーウィン中心業務地区(CBD)のショッピングモールを散策する

Smith Street Mall(スミス・ストリート・モール)にある個性的なブティックやギャラリーのアート作品、ファッション、おみやげなど、トップエンドの雰囲気をお楽しみください。

14. Parap Markets(パラップ・マーケット)でラクサを味わう(土曜日午前8時~午後2時)

この土曜日のモーニングマーケットは、ラクサやエビのサテ、新鮮なトロピカル・スムージーなしでは週末を乗り切れないという地元の人々の間で、すっかり習慣となっています。

15. Rapid Creek Markets(ラピッド・クリーク・マーケット)でトロピカル・フルーツを買い込む

ダーウィン最古の市場を訪れ、新鮮なオーガニック食材、アジアの果物、野菜、ハーブ、スパイス、エキゾチックな植物、花、シーフードなどを売るさまざまな屋台を見て回りましょう。

16. Nightcliff Markets(ナイトクリフ・マーケット)

毎週日曜日に開催されるNightcliff Markets(ナイトクリフ・マーケット)の雰囲気に癒されながら、珍しい掘り出し物やユニークなギフトを見つけたり、地元のエンターテイメントを楽しんだりしてお過ごしください。

17. Aquascene(アクアシーン)での魚の餌付け

ダーウィンの中心部にあるAquascene(アクアシーン)では、魚の餌付けが毎日行われています。満潮時には何百匹もの魚が岸に集まり、手から餌付けできます。

18. キャサリン(ニトミルク)渓谷のSouthern Rockhole(サザン・ロックホール)で泳ぐ

キャサリン渓谷で往復8.5kmのウォーキングを楽しんだ後は、Southern Rockhole(サザン・ロックホール)で絶景と爽快なひと泳ぎをお楽しみください。

19. ウビアの夕日を見る

時間を合わせてウビアの岩場へ行けば、壮大な熱帯の夕日を眺めることができます。忘れられない思い出となるでしょう。カカドゥ国立公園入園料:$40(16歳以上)

20. Spectacular Jumping Crocodile Cruise(スペクタキュラー・ジャンピング・クロコダイル・クルーズ)

Spectacular Jumping Crocodile Cruise(スペクタキュラー・ジャンピング・クロコダイル・クルーズ)では、自然の生息地でイリエワニを間近に見ることができます。

21. Nourlangie(ノーランジー)で古代アートの名所を鑑賞

Nourlangie Rock Art Site(ノーランジー・ロック・アート・サイト)の壁は、何千年もの間、シェルターやキャンバスの役割を果たしてきました。ここにある絵画は豊かな精神を示す伝統の窓であり、1.5kmの円形のNourlangie Rock Art Walk(ノーランジー・ロック・アート・ウォーク)で見ることができます。カカドゥ国立公園入園料:$40(16歳以上)

22. エディス滝でピクニックとスイミング

エディス滝のふもとにある、ペーパーバークとパンダナスに囲まれた自然のプールで、爽快な泳ぎをお楽しみください。

23. Pine Creek(パイン・クリーク)のLazy Lizard Tavern

このユニークなアウトバック・タバーンは、泥レンガと地元の木材を使用して作られており、随所に歴史的な雰囲気が漂っています。有名なバナナとパッションフルーツの自家製アイスクリームをぜひお試しください。

24. Darwin Military Museum(ダーウィン軍事博物館)を探索する

軍事博物館を訪れて、第二次世界大戦中のダーウィンの興味深い歴史について学びましょう。市街地から車でわずか10分の、絵のように美しいEast Point Reserve(イースト・ポイント保護区)にあります。この独特な大砲のコレクションは、戦時中にオーストラリアの北岸を守るための戦略を練るために陸軍が使用した当時のコンクリートの掩体壕にあります。

25. ビタースプリングスとRainbow Springs(レインボースプリングス)を訪ねる

椰子の木や熱帯森林地帯に囲まれたエルセイ国立公園では、源泉かけ流しの温泉プールでゆったりとくつろぐことができます。このプールは、Overland Telegraph Line(陸上電信線)の調査員が見つけました。

26. リッチフィールド国立公園で迫力のある滝を鑑賞する

リッチフィールド国立公園の展望台からは、水が絶壁を越えて深いプランジプールに流れ落ちる様子を鑑賞できます。また、散策を続けると、滝の上にあるロックプールや、周囲に広がる緑豊かなモンスーン熱帯雨林を見ることができます。

27. 釣り糸を垂らして象徴的なノーザンテリトリーのバラマンディを釣る

雨期の最高のバラマンディ釣りは、通常、ダーウィン・ハーバーのようなマングローブの生える小川や河口で行われます。トップエンドの河口域では、1月と2月に稚エビが大量に発生します。そのためこの時期は、エビや小魚を食べるために湾や小川に移動してきたブラック・ジューフィッシュ、ゴールデンスナッパー、タラ、ナンヨウチヌ、ゴマフエダイなどを狙うには絶好の季節です。

レッドセンター

28. Royal Flying Doctor Service(ロイヤル・フライング・ドクターサービス)ツアー

アリススプリングスの観光施設では、Royal Flying Doctor Service(ロイヤル・フライング・ドクターサービス) とその創設者John Flynnの象徴的な歴史について学ぶことができます。

29. Alice Springs Telegraph Station Historical Reserve(アリススプリングス・テレグラフ・ステーション保護区)

アリススプリングスで最初にヨーロッパ人が入植した場所を見学し、1800年代後半に復元された石造りの建物の中を散策してみてください。Telegraph Station(テレグラフ・ステーション)は地元の人々に人気のピクニックスポットでもあります。

30. Olive Pink Botanic Garden(オリーブ・ピンク・ボタニック・ガーデン)

Olive Pink Botanic Garden(オリーブ・ピンク・ボタニック・ガーデン)は、オーストラリアで唯一の乾燥地帯の植物園です。庭園の周辺にある数多くのウォーキング・トレイルで、さまざまな種類の植物を鑑賞したり、Bean Tree Caféで食事をしたりできます。

31. アンザックヒル

アンザックヒルは、アリススプリングスのパノラマビューを楽しむのに最適なスポットです。祖国を守るために活動したすべての人々に捧げられた記念碑からは、町や周辺の山々を見渡すことができます。

32. Alice Springs Desert Park(アリススプリングス・デザート・パーク)

Alice Springs Desert Park(アリススプリングス・デザート・パーク)では、乾燥地域の植物や、動物、人々など、オーストラリアの砂漠の環境について知ることができます。再現された3つの砂漠の生息地を歩きながら、砂漠がいかに生命に満ちているかを学ぶことができます。

33. Alice Springs Reptile Centre(アリススプリングス爬虫類センター)

Alice Springs Reptile Centre(アリススプリングス爬虫類センター)が専門的に扱っているのは、野生で見るのは大変珍しかったり、不可能だったり、対面したくないような、シューっと音を立て、滑るように地を這う生物です。このセンターには100匹以上の爬虫類が飼育されており、ビジターのための体験型ツアーを毎日実施しています。

34. アリススプリングスのアートギャラリー

アリススプリングスにある数多くのギャラリーを訪れると、Central Australia(中央オーストラリア)の芸術、文化、遺産を垣間見ることができます。オーストラリアで最も成功している著名なアボリジニのアーティストたちによるドット・ペインティングや水彩画をご覧ください。

35. The Bakeryの自家製焼き菓子を味わう

Todd Mall(トッド・モール)にあるThe Bakeryでは、焼きたての手作りパンやコーヒーを味わえます。また、レッドセンターでのドライブ旅行にぴったりの甘いペストリーもぜひお楽しみください。

36. Todd Mall(トッド・モール)のコーヒー

美味しいコーヒーをお探しなら、アリススプリングスのTodd Mall(トッド・モール)は絶好の場所です。多数ある流行のカフェの1つに立ち寄って、温かい飲み物で1日をスタートさせましょう。

37. Glen Helen(グレン・ヘレン)の美味しいバーガーを頬張る

渓谷を見下ろすGlen Helen Homestead Lodge(グレン・ヘレン・ホームステッド・ロッジ)では、美味しいハンバーガーに舌鼓を打つことができます。

38. エレリー・クリーク・ビッグホールで水泳やピクニック

ウェスト・マクドネル山脈国立公園で最も人気があるスポットの一つ、絵のように美しいエレリー・クリーク・ビッグホールでひと泳ぎしましょう。

39. Ghost Gum Lookout(ゴーストガム展望台)を訪れ、オーミストン渓谷で泳ぐ

ゴーストガムからの渓谷の絶景を眺めた後、近くの恒久的なウォーターホールまで降りて、オーミストン渓谷で泳ぎましょう。

40. レッドバンク渓谷の一年中冷たい水面に浮かぶ

この見事な渓谷と谷間には、多くの絶滅危惧種の動植物が生息しています。

41. Simpsons Gap(シムソンズ・ギャップ)の高くそびえる崖の間の写真を撮る

アリススプリングスから西へわずか18kmのところにあるSimpsons Gap(シムソンズ・ギャップ)は、地元の野生生物を見つけたり、ウォーキング・トレイルや山脈の絶景を楽しんだりするのに最適な場所です。

42. キングス・キャニオンでリム・ウォーク

ハイキングブーツを履いて、6kmのキングス・キャニオン・リム・ウォークを楽しみましょう。キャニオンの先端の壮大な眺めを望むなら、風化したドームの「The Lost City(ロスト・シティ)」、緑豊かな「Garden of Eden(エデンの庭園)」は必見のスポットです。

43. 早朝のKings Creek Walk(キングス・クリーク・ウォーク)

Kings Creek Walk(キングス・クリーク・ウォーク)は、キャニオンの中央を蛇行しながら登ります。谷の左手にある展望台に到着すると、峡谷の端にある切り立った断崖絶壁の景色を見渡せます。このウォーキングはあらゆる年齢層の方にお楽しみいただけます。

44. ウルル=カタ・ジュタ国立公園入園(3日間パス、$25。16歳未満のお子様は無料)

ついにウルルの前に立ったときには、夢でないかとつい自分をつねりたくなるかも。ここは、オーストラリアで最も有名な自然の象徴であり、Anangu(アナング族)にとって文化的に重要な場所です。

45. Uluru Viewing Platform(ウルル・ビューイング・プラットフォーム)

とにかく、ウルルでは、夕日や日の出は見逃せません。巨大な大地を照らす光が、黄土色からつややかなオレンジ、強烈な赤、そしてその間のすべての色を織りなして変化する瞬間をご覧ください。

46. カタ・ジュタのValley of the Winds(風の谷)

カタ・ジュタで最も長いトレイルは、Valley of the Winds Walk(風の谷ウォーク)です。全長7.4kmの難易度がやや高いトレイルでは、息をのむほど美しい眺望が楽しめます。

47. Curtin Springs Station(カーティン・スプリングス・ステーション)でランチを楽しむ

ウルルのわずか100km東にあるCurtin Springs Wayside Inn(カーティン・スプリングス・ウェイサイド・イン)は、ウルルやキングス・キャニオン地域を訪れるのに理想的な拠点です。

48. カール・カール(デビルズ・マーブルズ)の夕日

カメラを持って、日が沈むにつれて赤く輝き、色が変化するマーブルズのドラマチックなシーンを撮影しましょう。

49. テナント・クリークのメアリー・アン湖で泳ぐ

メアリー・アン湖は、テナント・クリークから北へわずか5kmの場所にある涼しいオアシスです。この人工の湖は、中央オーストラリアの荒涼とした環境の中で嬉しい驚きを与えてくれます。地元の人々や観光客にとって理想的なピクニックスポットとなっています。

50. Crowne Plaza Alice Springs Lasseters(クラウン・プラザ・アリススプリングス・ラセッターズ)のプールサイドカクテル

Crowne Plaza Alice Springs Lasseters(クラウン・プラザ・アリススプリングス・ラセッターズ)のプールサイドで、ウェスト・マクドネル山脈の絶景を眺めながらカクテルをどうぞ。

注:記事中の価格は掲載時のものです。

シェアする