Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

オリーブピンク植物園

オリーブピンク植物園は、町のCBDから車ですぐの場所にあり、1950年代にミスオリーブピンクによって乾燥地域の植物の保護区として開発された土地にあります。

現在、このサイトには、よく発達したガーデンエリア、会議室、オフィス、屋外席のあるカフェを備えたビジターセンターのほか、結婚式、記念碑、コンサート、展示会、公共などの公式および非公式のコミュニティ活動のための多数の日陰構造があります。フォーラム。

庭園には、アランダ人にとって重要な神聖な場所であるタラルトネメ(アニーマイヤーヒル)もあります。

お得な旅行プラン