Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

アボリジナルアート

カカドゥの古代壁画、アーネム・ランドの樹皮画、アリススプリングスの盛んなアートシーンなど、先住民族のアートはノーザンテリトリーの生活の大きな部分を占めています。

カカドゥ国立公園の古代のロックアートやアーネム・ランドの伝統的な樹皮画から、アリス・スプリングスの今日の盛んなアートシーンまで、先住民族のアートはテリトリー全域で生活の大きな部分を占めています。4万年前にさかのぼる創作と語りの伝統、そしてこれらの古代の慣習は地域ごとに変化しており、アボリジニ・アートの奥深さと多様性は、ノーザンテリトリーの豊かな文化遺産を鮮やかに思い起こさせるものとなっています。

この地域には、現在、驚くほど多くのギャラリーがあります。展示された作品を見たり、アーティストと触れ合ったり、代々受け継がれてきた伝統や工程に触れることができます。

モダンドリーミング

ここ30年ほどの間に、アボリジニー・アートはオーストラリアだけでなく、世界中でますます注目されるようになりました。ドリームタイムの精神的要素を取り入れた伝統的な点描画から、西洋と先住民の伝統が混ざり合ったモダンなスタイルまで、アボリジニ・アートは、その土地の文化を理解するための素晴らしい方法です。

ダーウィンやアリススプリングスのギャラリーを訪れ、先住民アートの大規模な展示に触れることができます。ほとんどのギャラリーでは、アーティストに会い、彼らの作品を見ることができます。

オフ・ザ・ツリー

視覚的なスタイル、物語を語る技術、素材は、中央・西部の砂漠地帯からアーネム・ランド、ティウィ諸島まで様々ですが、風景と先住民の祖先を研究することは共通のテーマです。

アーネム・ランドの芸術家たちの間では、樹皮は今でも広く使われており、祭りの時期には旅行者が訪れて美術品のオークションや文化活動に参加できる人気のメディアとなっています。

伝統的なデザインは、ディジュリドゥやブーメラン、その他の部族の楽器にも装飾として使われており、この地を訪れた際のお土産に最適です。また、手編みのバスケットや木彫り、ジュエリーにも注目してみてください。

アボリジニアートのハイライト

地域別にアボリジニ文化を見る