Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Mary River(メアリー川)

クルーズ船に搭乗するか、フィッシング・チャーターに参加してトップエンドの野生生態、鳥たち、魚の繁茂した小宇宙であるMary River(メアリー川)の瑞々しい湿地帯を探索しましょう。

トップエンドの野生生態、鳥たち、魚の繁茂した小宇宙であるMary River(メアリー川)の瑞々しい湿地帯を探索しましょう。ダーウィンから東に1時間ほどの位置するKakadu National Park(カカドゥ国立公園)はちょっと立ち寄ったり、市内から日帰り周遊したりするのに最適です。

豊富な野鳥類

乾期の時期にFogg Dam Conservation Reserve(フォグ・ダム自然保護区)を訪れ、水供給の中心地にやってくる250種の鳥たちに遭遇しましょう。クラハシコウ、レンカク、マメガン、ゴウシュウヅル、トキたちが餌を求めてしょっちゅうピンク色の睡蓮に集まってきます。静まりかえった分流の死角から色とりどりの回遊性の鳥たちをフィルムに収め、観察しましょう。

詳述された湿地帯

Wetlands Visitor Centre(ウェットランド・ビジターセンター)のWindow でトップエンドの鳥や動物たちの見事な画像をインタラクティブ形式で閲覧できます。このセンターは氾濫原の上の高台にあり、眼下には壮大な湿地帯の光景が広がります。

野生生態観察アドベンチャー

Adelaide River(アデレード川)が アーネムのハイウェイと交差するところで止まり、クルーズ船に搭乗し、ワニが飛び跳ねるワニの群れを観察しましょう。水中から現れる巨大な海水性のワニが船上から垂らした餌に食いついてきます。

湿地帯の分流からクルーズ船に搭乗し、水上から非常に濃密で見事な生態系を体感しましょう。ペーパーバークの森林を彷徨う海水性のワニのみならず、バッファロー、オオトカゲ、ワラビー等の野生生物および豊穣な生態系に繁茂するエキゾチックな鳥たちを観察しましょう。

世界クラスのフィッシング

船をチャーターしてトップエンド屈指のスポーツフィッシュを釣り上げましょう。Mary River(メアリー川)の湿地帯にはバラマンディがたくさん生息しています。熱心な釣り人が世界中からやって来てShady Camp(シェイディ・キャンプ)、Corroboree Billabong(カラバリ・ビラボン)、Adelaide River(アデレード川)などのスポットでバラマンディ釣りに興じています。毎年、最長1.4m もの大型魚が釣り上げられています。

ノーザンテリトリーで釣りを体験するには多様な方法があり、フィッシングロッジに滞在し、地元ガイドの知識や専門技能を体得してダーウィンからツアーに参加するか、ボートをレンタルして自ら操作するかが最適です。

メアリーリバー周辺の見どころ&体験