skip to main content

​ノーザンテリトリーから良い気分で家路につくことができる7つの理由

仕事で単調な毎日を過ごしていますか?何かワクワクするようなことが欲しいですか?もしくは少しリラックスする必要がありますか?それならおそらく休暇をとる必要がありそうです。ノーザンテリトリーから良い気分になって家路につくことができるたくさんの理由があります。以下に一部を挙げます…

1. リラックスし気楽な気分になる

人生とは単純です。しかし現代社会のストレスが常にのしかかってくると人生を楽しむことは難しいでしょう。ノーザンテリトリーの住人は、ゆっくりしたライフスタイルに誇りをもっており、その理由は実に簡単です!ノーザンテリトリーの人里離れた荒野にあるラグジュアリー宿泊施設への旅行で充電するのがベストです。都会の生活で疲れた人々にとって完璧な解毒剤となるでしょう。

エアコン、プライベートで日の入りが見えるデッキを完備したキングスクリークステーションの Dreamtime Escarpment tentsで「グランピング」している際には、仕事のことなど考えることはありません。

ワイルドマンウィルダネスロッジ(Wildman Wilderness) のようなカカドゥの人里離れた場所へと旅行へ出かけ、この広大な湿地に暮らすたくさんの野性動物の驚異を見つめ、交通渋滞や締め切り、アラーム時計を思い浮かべることはないでしょう。

もしくは人里離れた地で生命を吹き込む巨大三日月湖の上でシラサギ、アヒル、カササギガンが木に巣を作る様を見るなど究極的なカカドゥ体験が得られるBamurru Plains bush lodgeで豪華に奥地を楽しんではいかがですか。

ストレスを解消したいのであればノーザンテリトリーで決まりです!

2. 元気が出て、人生にワクワクする

休暇中、リラックスするよりは活動的に過ごしたい場合には、ノーザンテリトリーでアドベンチャー体験がおすすめです。素晴らしいアウトドアや活気のある文化や地元のブッシュタッカーはあなたの人生にゆとりをもたらすでしょう。

ダーウィンのクロコザウルスコーブでイリエワニと水に入るとアドレナリンが出ます。心配しないでください。これは「死のケージ」と呼ばれ、アクリスガラスのゲージで水面下に潜り、5mのワニに近づくことができるため、ワニの恐怖を感じながらも安全にお楽しみいただけます。!もしくはレッドセンター上空12,000フィートの飛行機から飛び降りるのならSkydive Uluru というチョイスもあります。

砂漠をラクダに乗って移動したり、水上機に乗って氾濫原を滑走したり、熱気球に乗ってアリススプリングス上空を高く飛ぶなど、実際にはあなたが想像する以上にノーザンテリトリーにはたくさんのアドベンチャーがあります。

3. 愛する人と過ごす

仲の良い人と一緒に過ごさない休暇などあるでしょうか?友達、家族もしくは特別な人と過ごすのにノーザンテリトリーは完璧な場所です。愛する人と一緒に行くノーザンテリトリーでのアドベンチャーやアクティビティーなどは無数にあります。

ダーウィンからキャサリンまでカカドゥ国立公園の素晴らしい熱帯雨林の美しさを探検するのに、車を借り家族全員を乗せてネイチャーズウェイドライブを、ガイドなしでロードトリップしてはいかかがでしょうか。ガイド付きツアーの方が好みでしたら、子供達が気にいるたくさんのトレイルとウルル–カタ・ジュタ国立公園の別世界のような自然の驚異がたくさんのレッドセンターのカタ・ジュタ(オルガ)をSEIT Outback Australia のハイキングを利用し家族を連れて行ってみてもいいでしょう。

ところで、あなたは大事な人との愛を復活させたいとお考えですか ?その場合はロマンスの魔法がかかる場所を選びましょう。アリススプリングスのハネムーンギャップ上空をヘリコプターで周遊するとよく効きます。もしくはタリウルの野外で親密なディナーはどうでしょうか。魅力的なウルルに太陽が沈み人里離れた地のたくさんの星達の下、愛を告げてください。

4. 自分を再発見する

ノーザンテリトリーを旅するより良い自然療法は他にはありません。カカドゥ国立公園やウルルのような自然の驚異を訪れる際、特別なフィーリングを感じます。それは何かスピリチュアルで魔法のような、人生を反映しているかのような、あなたの周りにある美しさに感謝するような気分にさせてくれます。これを理解するには感じなくてはなりません。しかし私達を信じてください。ノーザンテリトリーでは誰もが深い感銘を受けます。

時には現代生活の混乱から離れ、あるがままに戻る必要があるのです。

自分自身を見つけるのには Kings Canyon Rim Walkのようなノーザンテリトリーのハイキング旅行ほど素晴らしい他にはありません。キングスキャニオンの頂上まで登ると、砂漠の荒野に広大な広がりを見ることができます。もしくは Njulbitjlk (Bare Sand Island)のようなノーザンテリトリーの人里離れた島への旅行はどうでしょうか。4月から9月の間にTurtle Tracks cruiseに参加するとウミガメが巣を作っているのをみることができます。

5. 好奇心が溢れる

ノーザンテリトリーはアボリジニーの歴史と文化に浸るには最適な場所の一つです。アーネムランドで行われるオーストラリア最大のアボリジナルフェスティバルであるガルマフェスティバルでボンゴル(伝統的な儀式のダンス)を見たり、またティウィ島で伝統的な煙を使った儀式やアートツアーをお楽しみください、

アデレード川氾濫原でのプダカルアボリジニーカルチャーツアー、もしくはキャサリン地区のトップディジ・カルチュラルエクスピリエンス・アンド・アートギャラリーのような地元のアボリジニーツアーに参加するとたくさん学ぶことがあるでしょう。オーストラリアの伝統的な所有者から話を聞いて文化について学びましょう。

アートに魅了された方はKarrkeアボリジニーカルチャーツアーのドットペイントアートクラスがおすすめです。子供も気にいるでしょうし、その間、幼虫のようなブッシュタッカーを集めてみてはいかかでしょうか。バターポップコーンのような味がして美味しいですよ!

一方でアーネムランドもしくは、グルートアイランドの人里離れた楽園に出向くと、世界クラスのフィッシングが可能であるだけでなく地元の人々と会い、地域と歴史のつながりを学ぶこともできます。

6. たくさんの新しい友人や土産話を得る

個性的な人々との体験やストーリーは、あなたの旅のハイライトとなります。実際ノーザンテリトリーにはダーウィンからウルルまで世界で最も長いパブクロールがあります。新しい友達が欲しい場合にはこれは素晴らしい方法です。

また冷たいビールでも飲み地元の人や仲間とおしゃべりしながらCooinda Lodgeでバッファローやクロコダイル、カンガルーの肉をお楽しみください。6時間南に行くと奥地で最も古いパブの一つであるDaly Waters Pubがあります。そこでは驚くべき奥地の個性的な人々に出会うことができ、なぜ壁にたくさんのブラがかけられているのか知ることとなります!旅の終わりにはアリススプリングスのTodd Tavernにてビールで喉の渇きを癒し、あなたの新しい友達に別れをつげたくなるでしょう。

一方でノーザンテリトリーには近づいてみたくなるような動物がたくさんいます。全ての動物がフレンドリーではありませんが土産話になる事うけあいです。アデレード川のジャンピングクロコダイルクルーズではボートから手や足を出さないようにしましょう。アリススプリングスのカンガルーサンクチュアリでふわふわのカンガルーを抱いたり、ダーウィンのワイルドライフパークを散策したり、またプリスティンの自然環境では鳥や動物をみることができます。どこに行っても、家路に着く頃にはたくさんのインスピレーションを受けているはずです!

7. 豪勢に祝うことを知る

ノーザンテリトリーの人は、イベントに関係なくお祝いをすることで知られており、旅行中にお祝いを挙げるチャンスもあるでしょう!

もしダーウィンにいるのなら、たくさんあるウォーターフロントのお店の一つで午後のビールを楽しむといいです。例えばダーウィンウォーターフロントへ出向きHot Tamaleで簡単にタコスとテキーラを飲むか、Wharf Oneのアップマーケットで何か食べる前にダーウィンスキークラブで一杯やってからというのもおすすめです。残りの夜はパーティーに参加するためモンスーンに向かう前には、Shenannigansレストランでライブスポーツを見て盛り上がってください!翌朝二日酔いを治すには、街のLaneway Specialty Coffeeに行ってコーヒーとエッグベネディクトをオーダーしましょう。

しかしダーウィンのバーやレストランは、ノーザンテリトリーシーンの始まりにしかすぎません。夜のアリススプリングスでのMonte's Lounge, Epilogue Lounge、the Juicy Rumpでのパーティーは気に入ること間違いなしです。

一方アリススプリングスのWide Open Spaces Festival, ダーウィンのBASSINTHEGRASS music festival, レッドセンターのthe Uluru Camel Cup やParrtjima Festival のようなたくさんあるノーザンテリトリーのフェスティバルやイベントで羽を伸ばすこともできます。

ノーザンテリトリーへの旅行を計画しましょう。良い気分になれることを保証します。

シェアする