Skip to main content

Hi there, would you like to view this page on our USA site?

Yes, switch sites

トノーララ保護区 (ゴッセブラフ)

トノーララ(ゴッセブラフ)保護区は、国際的な科学的関心のある場所であると同時に、西アランダ先住民にとって文化的に重要な場所でもあります。

アリススプリングスから約175kmに位置し、巨大な火口の場所でもあります。

近くの尾根にあるタイラーズパスの展望台まで歩いてすぐのところにあり、景色を眺めることができます。砂漠から180メートルの高さにそびえるクレーターは、周囲が5キロメートルと驚異的です。クレーターの多くは侵食されており、クレーターの元の層は現在、地表から2km下にあります。

クレーターは約1億4200万年前に作成され、巨大な彗星が中央オーストラリアを襲い、世界最大の衝突クレーターの1つを残しました。

保護区は、女性のグループが天の川として空を横切って踊ったときにトノーララが形成されたと信じている西アランダ先住民にとって非常に重要です。このダンスの間、母親は赤ちゃんを木製のベビーキャリアに入れました。キャリアはダンスエリアの端を転倒し、地球に衝突し、そこでトノーララの円形の岩層に変化しました。

保護区内でのキャンプや火事は許可されていません。

お得な旅行プラン